本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本がバブル真っただ中だった1989年、世界の時価総額ランキングの上位20社のうち14社が日本企業だった。それから33年が経ち、今や世界の時価総額トップ20社に日本企業の名前はない。トヨタ自動車がようやく40位前後に顔を出す程度だ。日本の国際競争力ランキングは34位なぜ日本企業は、国際競争力を失って...
別窓で開く

フィギュア島田麻央、逆転で連勝 4回転ジャンプは回転不足判定
 フィギュアスケート女子で昨季の全日本ジュニア選手権を制した13歳の島田麻央選手(木下アカデミー)が30日、ポーランドのグダニスクで行われたジュニアグランプリ(GP)シリーズ第5戦でフリー148・87点、合計217・68点でショートプログラム(SP)2位から逆転し、第2戦からの連勝を飾った。...
別窓で開く

藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「SPORTS BEAT supported by TOYOTA」。9月24日(土)の放送では、東京オリンピックで銅メダルに輝いた、アーチェリーの武藤弘樹(...
別窓で開く

28歳の社会人No.1投手がプロ志望表明 指揮官「栗林に匹敵」 最年長指名は30歳4カ月
 昨年の都市対抗優勝に導き、MVPにあたる橋戸賞を獲得した東京ガスの最速154キロ右腕・臼井浩(いさむ)投手(28)が30日、プロ志望を明かした。28歳でのプロ挑戦は異例。10月20日のドラフト会議を前に「プロに行けるのであれば行きたい。後悔はしたくない」と指名を熱望した。 大卒の社会人選手は入社2...
別窓で開く

ワールドカップまで1年、勝負の秋シリーズがスタート! ジョセフHC「いいパフォーマンスで勝つことを最優先」
JAPAN XV(ジャパン・フィフティーン)として臨むが、日本代表そのものである。キャップ対象試合ではないが、テストマッチのつもりで戦う。オーストラリアAとの3連戦に求めるものは勝利である。9月29日、試合登録メンバーを発表したジェイミー・ジョセフHCはキッパリ言い切った。「この試合はテストマッチで...
別窓で開く

一般公道使うEV版「F1」、東京都が誘致へ...小池知事が表明 日産に次ぐ参戦期待も、コース選定など課題
東京都が電気自動車(EV)のモータースポーツ「フォーミュラE」の開催を目指していることがわかった。小池百合子知事が2022年9月20日の東京都議会で明らかにした。小池知事は「わが国の産業界では、バイクの完全EV化を目指す動きも出てきました。世界各国で環境規制が厳格化する中、ZEV(ゼロ・エミッション...
別窓で開く

昭和に起きた数々の経済事件を書き続けた清水一行という小説家がいた。生涯の作品数は214点。1年で10冊前後の新作を出し続け、累計5000万部超を記録した怪物作家である。彼は小説を通じて何を伝えようとしていたのか。清水氏の伝記『兜町(しま)の男』(ボイジャー・プレス)をこのほど上梓した作家の黒木亮さん...
別窓で開く

 日本ラグビー協会は29日、オーストラリア代表に準じる同国A代表との強化試合第1戦(10月1日、東京・秩父宮ラグビー場)に臨む日本代表の登録メンバーを発表し、フッカーの坂手淳史主将(埼玉)やナンバー8のリーチマイケル(BL東京)らが名を連ねた。 今夏の代表から外れていたWTB松島幸太朗(東京SG)、...
別窓で開く

オランダ企業で最大の時価総額を誇るASMLは「半導体露光装置」のメーカーである。この分野ではかつてニコンとキヤノンが大半のシェアを持っていたが、現在はその一部から2社とも撤退している。一橋大学名誉教授の野口悠紀雄さんは「2社ともカメラという消費財に注力してしまった。そうでなければ世界は変わっていたは...
別窓で開く

オールジャパンで脱炭素へ、経団連最大級「モビリティ委員会」始動…トヨタ社長がトップに
 自動車を軸とした成長戦略を幅広く検討する経団連の「モビリティ委員会」が本格的に始動した。トヨタ自動車の豊田章男社長が共同委員長に就き、経団連の委員会としては最大級の200社超が参加した。業界の枠を超えた議論を進め、最大の懸案である脱炭素化に向けた道筋などを政府に...
別窓で開く