本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



待望のトヨタ新型クラウンに初試乗!「走る明治維新」は実際、どこがスゴいのか?(小沢コージ)
(4ドアセダンとは見た目も中身もまるで違うクロスオーバー(写真)小沢コージ)小沢コージ【クルマは乗らなきゃ語れない】 トヨタ クラウン クロスオーバー (車両価格:4,350,000/税込み〜) ◇  ◇  ◇ 7月に鳴り物入りでワールドプレミアした新型クラウンの公道試乗会が横浜で遂に行われた。...
別窓で開く

昨年10月に在籍するベトナム人留学生を「鎖」で長時間拘束した行為が後に発覚し、社会問題となった西日本国際教育学院。同校に対し9月7日、入管庁が新入生の受け入れを今後5年間認めない処分を下した。だがこれは氷山の一角に過ぎない。3月に水際対策が緩和されて以降、留学生の入国ラッシュが起きたが、岸田文雄首相...
別窓で開く

月への再挑戦……アルテミス計画いよいよ始動
「報道部畑中デスクの独り言」(第302回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、アルテミス計画について—探査機「EQUULEUS」(東京大学提供)宇宙開発の分野は現在“月への再挑戦”が注目されています。2年前に小欄でもお伝えした「アルテミス計画」が、本格的に始動します。...
別窓で開く

電力不足ニッポンで「EV普及」を一気に進めても大丈夫?
"EV元年"と呼ばれる今年は、国内の自動車メーカーから新型EVが続々デビュー! しかし、ここで気になるのは電力不足だ。一時期ほどの騒ぎにはなっていないが、相変わらず厳しい状況は続いており、「今冬はもっと電力逼迫が綱渡り状態になる」なんて声も!そんななか、充電時に大量の電力を使うEV推しを続けて問題な...
別窓で開く

日産のサクラが爆売れ!  そこで気になる......ニッポンの「EV充電インフラ」最前線
今年6月に発売となった日産の軽EVが売れている。驚くことに昨年日本で販売されたEVの新車の総数をすでに上回ってしまったというからハンパない!ここで気になるのは、普及が遅れているとウワサの日本のEV充電インフラだ。現在どうなっているのか? EV黎明期からインフラ問題を追い続けるカーライフジャーナリスト...
別窓で開く

どうなる? 日本車伝統のビッグネーム(後編)
「報道部畑中デスクの独り言」(第299回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、日産自動車の「新型エクストレイル」について—新型エクストレイルを発表する星野朝子副社長2022年7月15日、トヨタ自動車から発表された「新型クラウン」は、定番のセダンの他、「クロスオーバー」「...
別窓で開く

どうなる? 日本車伝統のビッグネーム(前編)
「報道部畑中デスクの独り言」(第298回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、日本車伝統のビッグネームについて—4つのボディで登場した「新型クラウン」先月(7月)はいくつか新車発表会がありました。そのなかには、ただの新車発表という枠にとどまらない、今後の自動車業界を占う...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■金融界にデジタルトランスフォーメーション(DX)の大波「週刊ダイヤモンド」(2022年...
別窓で開く

役員報酬1億円以上663人って多い?少ない? 政府も批判、「ニッポン企業トップはプロ経営者目指せ!」
上場企業の2022年3月決算で1億円以上の報酬を得ている役員が全国で663人いることが、東京商工リサーチが2022年7月22日に発表した「2022年3月期決算『役員報酬1億円以上開示企業』調査 【まとめ】」で明らかになった。1位はZホールディングス、慎ジュンホ氏の43億円だった。...
別窓で開く

2022年上半期の自動車業界を振り返る
「報道部畑中デスクの独り言」(第296回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、2022年・上半期の自動車業界について—トヨタ自動車決算会見(オンライン画面から)早いもので今年(2022年)も半分が過ぎました。今回は2022年上半期の自動車業界を振り返ります。...
別窓で開く


[ トヨタ ニッポン ] の関連キーワード

明治維新 ニッポン トヨタ esg

<前へ12345次へ>