本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│1〜10位】大阪桐蔭・前田、ENEOS・渡会、広陵・真鍋、花巻東・佐々木…1位は果たして<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。今回は10位から1位までを紹介しよう。...
別窓で開く

【スーパーGT最終戦レポート】27年ぶりのタイトル獲得! チームインパル、星野一義監督は早くも連覇に意欲
チームインパルのタイトル獲得はスーパーGTの前身となる全日本GT選手権の95年以来、27年ぶりとなる。写真/GTA国内外の自動車メーカーが自社を代表するスポーツカーをベースとしたレーシングカーを投入し、激戦を繰り広げるスーパーGTの最終戦が11月5日と6日、栃木県のモビリティリゾートもてぎで行なわれ...
別窓で開く

過去10年で「最も成功」したドラフトは? 2人のMVPを輩出した西武、山本由伸を4位指名したオリックスも忘れがたい<SLUGGER>
10月20日に迫る今年のプロ野球ドラフト会議。ここでの指名が今後の球団の趨勢を大きく左右するが、果たして2012年から21年までの過去10年のドラフトで最も成功/失敗した指名は「どの年のどの球団」なのだろうか。今回は最高の指名となったトップ5を紹介する。...
別窓で開く

バスケ女子日本代表がW杯メンバーを発表!東京五輪銀メダリスト6人に渡嘉敷ら新戦力が加入<DUNKSHOOT>
日本バスケットボール協会は8日、9月22日からオーストラリアで開催される「FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022 」に臨む日本代表メンバーを発表した。 悲願の世界一、そして24年パリ五輪の出場権をかけた戦いに挑む12名は以下の通りだ(※年齢・所属は9月8日現在)。...
別窓で開く

企業の株価・投資に大きく影響、融資受けられないことも...加速する「カーボンニュートラル」
最近、「カーボンニュートラル」という言葉をよく聞く。直訳すると、「炭素中立」。どういうことかというと、CO2には、工場や車など「増やす側」と、森林など「減らす側」があり、この両者の量が均衡した状態がカーボンニュートラルだ。大気中のCO2は増えないので、気候変動対策として非常に重要である。...
別窓で開く

【2022ドラフト候補ランキング|31〜50位】ランクアップした近江・山田をはじめ、この春に急成長した選手が評価上昇<SLUGGER>
前回は1月1日に公開した2022年ドラフト候補ランキング。今年のドラフトは、高校、大学、社会人とも絶対的な目玉は不在と言われているが、春のシーズンに大きくアピールした選手も少なくなかった。今回は高校野球の地方大会が本格化する前の段階でのランキングを発表したい。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻後の激変する世界...週刊ダイヤモンド「地政学超入門」! エコノミスト「世界戦時経済」、東洋経済「工場が消える」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。2022年3月22日発売の「週刊ダイヤモンド」(3月26日号)は「地政学超入門」と題して...
別窓で開く

3.9冠! “陸の王者”を縁の下から支えた男——慶大助監督・竹内大助の知られざる野球人生【第1章】
コロナ禍での異例の戦いとなった昨年の大学野球。神宮の森で強さを見せつけたのは“陸の王者”慶應大学だった。 春秋の東京六大学を連覇。春の大学選手権では34年ぶりの日本一を掴みとった。そして大学四冠に王手を掛けて臨んだ秋の明治神宮大会は、決勝戦で中央学院大に敗れて惜しくも偉業を逃...
別窓で開く

【どこよりも早い2022ドラフト候補ランキング:21〜30位】遅咲き社会人左腕に加え北海道、北信越の注目高校生投手も登場<SLUGGER>
2021年のドラフト会議からまだ2か月も経っていないが、アマチュア球界はすでに22年のドラフトへ向け動き出している。昨年秋以降で急成長を遂げた選手も少なくない。昨年は現地で400試合以上アマチュア野球を取材したスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での22年ドラフト候補ランキングを選定した。今回は2...
別窓で開く

ビットコイン760万円! 北大、売却のタイミング逸す(第22節)【暗号通貨バトル Bグループ】
今週(2021年10月18日週)は週半ばの20日、米ビットコイン先物ETF(上場投資信託)の上場承認をきっかけとした急騰で、ビットコインが史上最高値となる6万6000ドル(約760万円)まで上昇。その後に急落するなど、動きが激しかった。そんな相場の動きに翻弄されたのが、北海道大学の渡部真人さん。...
別窓で開く


<前へ12次へ>