本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■欧米諸国の首脳陣が列席するはずが…「あれさ、やっぱやらないほうがよかったんじゃね? 比べるなっていうけれど、エリザベス女王の国葬を見ちゃうと……正直ショボかったじゃん」「なんか国葬とか弔問外交とかって勝手にハードル上げられて、安倍さんも奥さんもかわいそうだよな。確かにいろいろあったけど……長く頑張...
別窓で開く

全世界で700万人に読まれたロングセラーシリーズの『アメリカの中学生が学んでいる 14歳からの世界史』(ワークマンパブリッシング著/千葉敏生訳)がダイヤモンド社から翻訳出版され、好評を博している。本村凌二氏(東京大学名誉教授)からも「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類の文明史には...
別窓で開く

格差の始まりは「出アフリカ」までさかのぼる?!
ノーベル経済学賞候補でもある、ブラウン大学経済学教授のオデッド・ガロー氏。彼の著作が30か国で刊行されるほどの話題作となっている。 日本では、2022年9月28日に『格差の起源 なぜ人類は繁栄し、不平等が生まれたのか』(NHK出版)として発売される。 オデッド・ガロー氏現代の国家や地域間に存在する貧...
別窓で開く

E・ジョンさん、ホワイトハウスで歌声=米大統領夫妻も参加
 【ワシントン時事】英歌手エルトン・ジョンさんが23日、米ホワイトハウスの庭でコンサートを開いた。バイデン大統領も夫妻で観客に加わり、「彼の歌声は他の人を助け、希望を与える声となった」と称賛した。 バイデン氏が招待する形で実現したコンサートで、ジョンさんは代表曲「僕の歌は君の歌」などを披露。...
別窓で開く

ゴルバチョフは田中角栄と似ている!
 旧ソ連のゴルバチョフ元大統領が先ごろ亡くなった。91歳だった。ペレストロイカを断行し、核軍縮、冷戦の終結に力を注いでノーベル平和賞を受賞。現代史に大きな足跡を残した。ざっくばらんな一面もあり、それまでの旧ソ連指導者とはかなり異質の人だった。...
別窓で開く

中田英寿さん、好きなことの見つけ方を問われ…母校の後輩に「試していないから」「近道ない」
 山梨県立韮崎高校の創立100周年記念式典などが21日、同校と韮崎市内のホールで開かれた。2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんと、元サッカー日本代表の中田英寿さんが母校の後輩たちを前に講演した。...
別窓で開く

 英情報調査会社クラリベイトは21日、科学論文が引用される回数が多い研究者をノーベル賞候補として表彰する「引用栄誉賞」の今年の受賞者20人を発表した。日本からは東京都医学総合研究所の長谷川成人(まさと)脳・神経科学研究分野長(61)と、いずれも物質・材料研究機構の...
別窓で開く

“優先扱い”を断ったベッカム エリザベス女王の弔問のために13時間並んだ「理由」
元産経新聞ロンドン支局長で在ロンドン国際ジャーナリストの木村正人と、青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が9月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本時間9月19日に行われた英エリザベス女王の国葬について解説した。...
別窓で開く

 国際的な情報会社クラリベイトは21日、ノーベル賞級の研究成果を論文発表し、他の論文に数多く引用された20人を2022年の「引用栄誉賞」に選出したと発表した。日本からは医学生理学分野で長谷川成人氏、物理学分野で谷口尚氏と渡辺賢司氏の3人が選ばれた。 長谷川氏は東京都医学総合研究所の脳・神経科学研究分...
別窓で開く

「北海道の権利を有する」 と主張するロシアとの戦争になる可能性
ウクライナへの侵攻を繰り広げるロシア。日本もロシアと戦う可能性があるのかと考えたとき、やはり最初に浮かぶのは北方領土や北海道のことだろう。防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと、小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、小野田治元空将といった軍事のプロフェッショナルが、北海道を巡る日本とロシアの戦争は起こりえ...
別窓で開く