本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「今季はレースごとに進歩できた」F1での2年目を振り返る角田裕毅、“エモーショナル”なアブダビGPの初日はロングランのペースに手応え!
2022年のF1最終戦となるアブダビ・グランプリが開幕、11月18日には2度のフリー走行(FP)が行なわれた。 先週のサンパウロGPでは終始グリップ不足に苦しんだアルファタウリの角田裕毅は、FP1で28周を走行して、ベストタイムは全体13番手となる1分27秒991。続いてFP2では、30周回を重ねて...
別窓で開く

「お前はベストだ」連覇達成で祝福に包まれるフェルスタッペン。英メディアはF1タイトル争いの10の分岐点を回想
10月10日に行なわれたF1第18戦の日本グランプリで、今季12勝目を飾ったレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、2年連続でのワールドチャンピオンに輝いた。 雨のレース、ポールポジションでスタートし、2時間超の中断の後でもトップを守り続けたマックスだが、当初は周回数の関係でハーフポイントになり、...
別窓で開く

角田裕毅は「レッドブルのヒット作」!各国メディアが「優秀なドライバーだけが可能なデビュー戦」と開幕戦を振り返る
2021年F1世界選手権の開幕戦バーレーン・グランプリ、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は9位入賞を果たし、日本人ドライバーでは初となるデビュー戦でのポイント獲得を達成した。...
別窓で開く

「スタートで慎重になり過ぎて…」角田裕毅、満足と失望が入り混じるF1デビューも、チーム代表は「ファンタスティック」と称賛
2021年F1世界選手権の開幕戦バーレーン・グランプリは3月28日(現地時間)に決勝が行なわれ、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は9位でフィニッシュ。デビュー戦でのポイント獲得に成功した。 バーレーン・インターナショナルサーキットでのナイトレース、13位からスタートした20歳の日本人ルーキーは...
別窓で開く


<前へ1次へ>