本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



あのブラジル人J戦士のいま【第1回】ビスマルク——「自分のような選手を助けてあげたかった」
 Jリーグ創成記に眩いばかりの輝きを放った超大物ブラジル人選手。もしビスマルクが日本へ来ていなければ、Jリーグの最初の9年間の歴史は違っていたかもしれない。 精巧なテクニックの持ち主で、ほとんどミスをしない。派手さはないが、状況判断が素晴らしく、常に最適のプレーをやってのけた。勝負強さも群を抜いてい...
別窓で開く

—[負け犬の遠吠え]— ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。「マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載。 世間...
別窓で開く

投資のプロにとって「カン」とは何か?
− 伝説のファンドマネジャーから学ぶ投資の思考 − 新型コロナウイルス感染症の流行は世界経済に大きな打撃を与え、今後の日本経済の先行きも混迷を極めるであろうことが予測されます。しかし、公開株式などへの投資は「ギャンブル」とはちょっと違います。市場経済には、ギャンブルにおける「胴元」がいないからです。...
別窓で開く

セルジオ越後がJリーグで印象に残っているチーム「1997年の鹿島と磐田。"2強"の激闘は本当に素晴らしかった」
前回は僕が選ぶJリーグ歴代最強チームということで、1993年、94年のV川崎(現・東京V)を紹介したけど、今回はそのV川崎に続いて印象に残っているチームについて話をしたい。それは97年の鹿島と磐田。いわゆる"2強"時代を築いた両チームだ。...
別窓で開く

セルジオ越後が選ぶ、Jリーグの歴代最強チームは「1993、94年のV川崎だ」
今回は僕が選ぶJリーグ歴代最強チームを紹介しよう。27年間の歴史を振り返れば、魅力的なチームはたくさんある。2007年から3連覇を達成した鹿島。その鹿島と"2強時代"を築いた磐田。浦和とG大阪の時代もあった。最近では川崎や広島も強かった。そんななかでも、僕が一番印象に残っているのは、初年度王者にして...
別窓で開く

ペレ以外で期待に応えたと断言できるのは、「伝説のレフティー」だけ——ブラジル代表の10番列伝
 過去のメジャートーナメントにおいて、列強国の代表チームではいったい誰が栄光の10番を背負ってきたのか。歴代の担い手たちはどんな結果を残してきたのか——。 錚々たる顔ぶれが並ぶ王国ブラジルの10番たちを紹介する。———◆———◆———「10番」をサッカー界のエースナンバーとして定着させたのが、195...
別窓で開く

最強ヴェルディを率いた男。松木安太郎が明かす「J初代王者の神髄」(後編)
 2ステージ制で開幕したJリーグ元年、1993年のヴェルディ川崎は第1ステージこそ2位に終わったが、第2ステージに突入すると強さを発揮。新戦力ビスマルクの大活躍もあり、16勝2敗という好成績でステージ優勝を決めた。「あの頃の支えは勝利。勝てばチームの雰囲気も良くなるからね。ビスマルスは選手としても人...
別窓で開く

最強ヴェルディを率いた男。松木安太郎が明かす「J初代王者の神髄」(前編)
 5月28日発売号のサッカーダイジェストで「Jリーグ歴代最強チームはどこだ!?」という特集を組んだ。現役選手や元日本代表など総勢50名に「歴代最強チームのトップ3」をアンケートし、その回答を集計したところ、2位にランクインしたのが1993年のヴェルディ川崎だった(ちなみに、1位は2002年のジュビロ...
別窓で開く

三浦泰年が選ぶJ歴代最強チーム「団結力のあるエスパルスの上には、いつもヴェルディがいた」
 5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思う3チーム”を選んでもらっている。ここでは、現役時代は“熱い”プレーで観衆を沸かし、監督としては北九州や鹿児島で手腕を発...
別窓で開く

戦術など知らなくてもサッカーは華やかで面白い。そんな印象を与えてくれたのが…【SD編集長が選ぶJ歴代最強チーム】
【サッカーダイジェスト編集長が選ぶJ歴代最強ベスト3】1位 1993年のヴェルディ川崎2位 2014年のガンバ大阪3位 2002年のジュビロ磐田 Jリーグ元年、「超」が付くほどの個性派集団がシーズン序盤は躓きながらも、最終的に鹿島アントラーズとのチャンピオンシップを制して初代王者に輝く。...
別窓で開く


[ ビスマルク ] の関連キーワード

エスパルス ヴェルディ ブラジル 安太郎

<前へ123次へ>