本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「勝者としてローマを去った」ムヒタリアンの移籍で中田英寿に再脚光!「最初の会見でファルカンを知らないと…」
 7月2日、インテルは2021-22シーズンでローマとの契約が満了したヘンリク・ムヒタリアンが加入したことを発表した。 ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルでプレーしたムヒタリアンは、2019年夏にローマに移籍。計3シーズン在籍し、2021-22シーズンは欧州カンファレンスリーグ優...
別窓で開く

40年前の“英雄”たちが提言! 「奇跡の世界一」を成し遂げた選手たちは暗黒期の現アッズーリに何を想うのか?
6月20日から3日間、イタリアでは全国の107の映画館で『Il Viaggio degli Eroi(英雄の旅)』というタイトルの映画が上映されている。 これは、1982年スペイン・ワールドカップに3度目の世界制覇を果たしたイタリア代表を追ったドキュメンタリー映画であり、映画監督、脚本家、編集者とし...
別窓で開く

ネイマールか、ヴィニシウスか——セレソンエースをめぐる論争に母国メディアは「選択する必要はない」と新旧スターの“共闘”を提言!
6月6日に国立競技場で日本代表と対戦するブラジル代表。4日前には韓国代表に5-1の大勝を飾り、改めてサッカー王国の強さを知らしめた。 抜群の攻撃力を誇る「セレソン」の中心は背番号10ネイマールだが、今季はパリ・サンジェルマンで多くの時間を怪我の治療とリハビリに充てることを余儀なくされた。...
別窓で開く

28年前の日本代表監督解任劇。ファルカンは悔しさを露わにして振り返った
パウロ・ロベルト・ファルカンインタビュー(3) 就任してすぐ、私たちはキリンカップでまずオーストラリアと、そしてフランスと戦った。フランスはトップクラブでエースを張るジャン・ピエール・パパン、エリック・カントナ、マルセル・デザイーなどがいる本当に強いチームだった。その後は10月のアジア大会に向けて準...
別窓で開く

ファルカンが語る日本代表監督時代の思い出。「こんな代表は世界のどこにもない」
パウロ・ロベルト・ファルカンインタビュー(2) 規律に対しては何の問題もなかった。日本の選手たちは私の言うことをよく聞いてくれ、ヒエラルキーを守り、何より我々が求めたことをピッチで実現しようと努力してくれた。こうした彼らの態度は私の仕事の大きな助けとなってくれた。...
別窓で開く

元日本代表監督ファルカン独占インタビュー。在任時「一番の決断は前園真聖の起用だった」
パウロ・ロベルト・ファルカンインタビュー(1)「ドーハの悲劇」を経て、ブラジルサッカー界の英雄のひとりであるファルカンが日本代表の監督に就任したのは1994年のこと。短期間で終わった挑戦だったが、日本への郷愁は強く、なかなか当時のことを話す気持ちになれなかったという。日本のメディアのインタビューに応...
別窓で開く

「40歳のおっさんが…」 “アテネ世代”山瀬功治は山口のJ1昇格請負人になれるか
明治安田生命J2リーグはゴールデンウィークを前に怒涛の5連戦に突入。首位の横浜FCが第11節終了時で勝ち点27と独走状態に入りつつあり、同じくJ1からの降格組であるベガルタ仙台が2位に浮上。まだ序盤戦ではあるが、東京ヴェルディやアルビレックス新潟などと熾烈な自動昇格枠争いを繰り広げている。...
別窓で開く

「アジアのベッカムと呼ばれたファンタジスタ」中田英寿を伊メディアが回想!「圧倒的に周囲を驚かせた」こととは?
 一部の例外を除き、プロサッカー選手のキャリアは決して長くない。そして引退後のほうが人生は長いことがほとんどだ。ユニホームを脱いでからもサッカー界で仕事する人もいれば、まったく異なる分野での活動を選ぶ人もいる。 元日本代表の中田英寿氏は、後者のひとりだ。...
別窓で開く

「国家の恥」から「国家の英雄」へ—— 82年W杯得点王、パオロ・ロッシが辿った数奇な人生
 天国と地獄を短期間で往復するジェットコースターのような現役生活だった。実際パオロ・ロッシは、1982年スペイン・ワールドカップ、運命のブラジル戦を振り返って語っていた。「あの瞬間に悪夢のような日々が終わった。当時私に対する誹謗中傷は絶えることがなく、真剣に引退を考えたこともある。だがそういう諸々の...
別窓で開く


[ ファルカン ] の関連キーワード

ブラジル アジア アテネ ローマ

<前へ123次へ>