本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「モドリッチ級」不在の日本代表…三笘薫や鎌田大地が考える、8強実現への「壁」
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、2大会連続の16強入りを果たした日本代表。決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表に敗れ、悲願の8強進出は逃したものの、ドイツ代表、スペイン代表と同居する厳しいグループリーグを突破し、世界に驚きを与えた。「新しい時代」の到来を予感させた森保ジャ...
別窓で開く

守田ラツィオ移籍浮上 W杯プレー高評価で評価額約3倍か、日の丸戦士にビッグクラブ熱視線
 W杯で世界を驚かせたサムライたちに、世界が熱視線——。ポルトガル1部スポルティングの日本代表MF守田英正(27)が、イタリア・セリエAの名門ラツィオに移籍する可能性が浮上した。有力地元紙によると、W杯でのプレーをラツィオが高く評価し、来年1月の獲得に動いているという。...
別窓で開く

ポルトガルの若きファンタジスタ ジョアンフェリックス争奪戦“過熱”
 ◇FIFAワールドカップカタール大会 【Today's CHECK 準々決勝】ポルトガルのFWジョアンフェリックス(23)が乗っている。ここまで3試合に出場し1得点2アシストを記録。母国の8強入りに貢献した。 3—2で競り勝った1次リーグ初戦ガーナ戦は、1—1で迎えた後半33分、スルーパスを受けて...
別窓で開く

前回2位と“王国”が8強で激突! クロアチアは日本戦から先発2人変更、ブラジルは韓国戦と同じスタメン
FIFAワールドカップカタール2022準々決勝クロアチア代表vsブラジル代表のスターティングメンバーが発表された。 初優勝を目指す前回2位のクロアチア代表と、20年ぶり6度目の優勝を目指す“王国”ブラジル代表が、ベスト4進出をかけて激突する。ラウンド16で日本代表とPK戦までもつれた激闘を演じたクロ...
別窓で開く

鎌田大地の移籍先にトッテナム、ベンフィカが再浮上! ドルトムントやローマも新たに加わり、争奪戦か
 ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地。2023年6月末に契約が切れる日本人プレーヤーを巡り、各クラブが獲得に乗り出す気配があるようだ。 鎌田はカタール・ワールドカップ(W杯)に森保ジャパンの一員として参加し、大金星を挙げたドイツ戦やスペイン戦を含む全4試合に...
別窓で開く

キッカー決定からメンタル管理まで…またしてもPKで敗れ去った日本代表に突き付けられた課題
 2022年カタールワールドカップ(W杯)の日本代表の戦いが終わり、4年4カ月の活動に区切りがついた。それにしても日本には悔しい幕切れだった。5日の決勝トーナメント1回戦、クロアチア戦でのPK戦だ。1番手の南野拓実(モナコ)、2番手の三笘薫(ブライトン)、4番手の吉田が続けて失敗。...
別窓で開く

【功罪検証】森保一と日本サッカーの未来。重要なのは、何を武器に、どう戦っていくのかを明示する哲学だ
 おそらく世界中を探しても、カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表にこれ以上の成績をもたらす監督はいなかったはずだ。 クロアチア戦に限れば勝利に導ける監督はいたかもしれないが、その前にドイツやスペインを下してグループの首位通過に導ける人材はいない。現時点ではツキも含めて森保一監督が、結果を出せる...
別窓で開く

クロアチア戦、ギアチェンジなく=前田、鎌田らが献身性—W杯サッカー
 8強入りの夢が次回以降に持ち越された日本代表は、カタールで4試合を戦った。1次リーグで優勝経験を持つドイツ、スペインを撃破。2勝1分け1敗(PK戦負けは引き分け扱い)で終えた激戦を国際連盟(FIFA)の統計で振り返る。 ボール支配率は1試合平均31%で、ドイツ戦は前半18%が後半31%に、同様にス...
別窓で開く

「PK戦のメンタル」を究めてみてはどうだろう…サッカー日本代表まとめ解説、1998年大会メンバー・伊東輝悦さん
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会に出場した日本代表の戦いが幕を下ろした。初めて2大会連続で決勝トーナメント(決勝T)へ駒を進めたものの、クロアチア代表との1回戦は1−1のまま突入したPK戦で涙をのみ、目標のベスト8進出には届かなかった。...
別窓で開く

 2大会連続の16強入りを果たしたサッカーの日本代表。決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表に敗れ、悲願の8強進出は逃したものの、ドイツ代表、スペイン代表と同居する厳しいグループリーグを突破し、世界に驚きを与えた。「新しい時代」の到来を予感させた森保ジャパンの成果と課題を探る。...
別窓で開く