本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



株式投資で資産2億5000万円を築いている現役サラリーマン投資家の愛鷹氏。2008年から株式投資をはじめ、これまで通算66もの銘柄で10倍株(テンバガー)を達成。“テンバガー・ハンター”の異名をとる。2021年は9年連続テンバガー達成。会社員として働きながらテンバガーを連発する【愛鷹式】超分散投資術...
別窓で開く

東京エレクトロン16.6億円、フェローテックホールディングス9億円、ディスコ2.9億円──。これらの額は2021年度における各社社長の年間報酬だ。高額報酬の背景にあるのは好調な業績。その恩恵は従業員にも届いている。直近10年間で従業員の平均年間給与が100万円以上伸びた半導体関連企業はどこか。『会社...
別窓で開く

東証再編動向が注目される中、2点の「?」を呈したい
 2022年4月に予定されている、東京証券取引所「再編」の動向が注目されている。7月9日には東証1部上場企業(約2200社)に対し、東証が最上位市場と位置付ける「プライム市場(仮称)」に移行可能か否かの第1次通達を行った。「約600社が該当しない」と各メディアが報じた。...
別窓で開く

海外投資家の動きを「読む」 保有比率が高いトップ5の共通点とは?【馬医金満のマネー通信】
みなさん、こんにちは。馬医金満です。今回は、外国人の持ち株比率について、考えてみました。海外投資家の売買代金シェアは、現物市場では6〜7割ほどで、日経平均先物市場では8割を超えています。海外投資家の内訳はさまざまで、年金機構や政府系ファンド(ソブリンファンド)、ヘッジファンドなどで構成されており、そ...
別窓で開く

半導体シリコンウエハー国内主要各社、新工場建設の検討進む
− 既存工場がフルキャパ到達 − 信越化学工業、SUMCOのシリコンウエハー供給の大手国内2社が、相次いで新工場建設に向けた具体的な検討に入った。これまで既存工場の空きスペースに製造設備を追加して能力を高める「ブラウンフィールド投資」が主体だったが、半導体産業の長期的な成長が見込まれるなか、工場建屋...
別窓で開く


<前へ1次へ>