本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「フォレスターやXVに次ぐ人気SUVなるか」スバル、新型電気自動車「ソルテラ」の価格と最新画像を公開
SUBARU(7270)は2022年4月14日、新型バッテリー電気自動車「SOLTERRA(ソルテラ)」(日本仕様車)の価格を発表しました。今回は「ソルテラ」の概要やデザインを振り返ったうえで、価格情報を紹介します。※最新画像については画像ギャラリー参照それでは早速、ソルテラの概要を見ていきましょう...
別窓で開く

SUBARU株5.9%安...背景に主力車の一時出荷停止、業績への影響懸念
SUBARUの株価が2022年4月15日の東京株式市場で一時、前日終値比109円(5.9%)安の1739円まで値を下げた。SUBARUの工場のある群馬県の地元紙、上毛新聞などが「エンジン不具合のため、国内で主力3車種の販売と出荷を停止している」と報じたことを受けたもので、今後の業績への悪影響を懸念す...
別窓で開く

雪上試乗で確信できたスバル初となる市販EV「ソルテラ」のスバル車“らしさ”
「ソルテラ」はスバルらしいクルマになっているのか? はじめて触れるソルテラの、何より注目したい部分はそこだ。ソルテラとは、スバル初となる専用の車体設計で作られた市販EV(電気自動車)のこと。この夏ともいわれている市販を前にプロタイプ(試作車)に試乗する機会を得たのだが、まず驚いたのはその試乗ステージ...
別窓で開く

—[道路交通ジャーナリスト清水草一]— ◆時の流れに身をまかせ…… ちょっと前までは、デカくて幅が広いクルマは日本では不人気でした。言わずもがな日本は国土が狭いですからね。 だからこそ、レガシィのように進化とともに大型化していったクルマは、(国内では)ファン離れが加速。その姿を消しました。時は流れ、...
別窓で開く

環境問題、社会的な分断といった難問だらけで正解を見つけるのが難しい時代。「知識詰め込み型の教育の限界。これからの子どもたちにはもっと人間らしい教育を……」。そう感じる人は多いだろう。2人の世界的権威であるダニエル・ゴールマン(『EQ こころの知能指数』)、ピーター・センゲ(『学習する組織』)もそう考...
別窓で開く

iPadを車載してカーナビ&カーオーディオ化!ポイントはやっぱりSiri
【iPadで始めるAV環境最強化計画】音楽リスニングで外せないのが愛車の運転中。カーステレオやカーナビのAV機能で音楽を流す人が多数派だと思いますが、音楽リスニングは今やSpotifyやApple Musicなどサブスク音楽配信が主流。基本がオフラインのカーナビだと、サブスクはちょっと扱いにくいんで...
別窓で開く

顔が変わったスバル新型「フォレスター」実はアイサイトなど中身も大幅進化していた
キャンパーやアウトドアズマンたちから人気のSUV、スバル「フォレスター」が、毎年恒例の“年次改良”を受けた。最新モデルのポイントは、なんといってもフロントマスクの刷新。とはいえその中身も、実は驚きの進化を遂げていた。■3度目の改良でD型フォレスターへと進化「フォレスターが進化した」と書けば、「またか...
別窓で開く

ジムニーの燃費は?ほかの軽自動車・4WDオフロード車と比較!
昨今、スズキ・ジムニーの人気が高まってきています。コロナ禍を背景に三密が回避できるレジャーとしてキャンプが普及するなどし、4WDオフロードかつ軽自動車という特徴がユーザーに刺さっているようですね。今回は4WDオフロードでありながら軽自動車であるジムニーの燃費について他の軽自動車や4WDオフロード車と...
別窓で開く

世界に誇るスポーツセダンが8年ぶりにフルチェン! 最速サーキット試乗&開発トップ直撃!!「WRXはスバルのダークサイドです」
11月25日、スバルの新型WRXが国内デビューした! 気になるエンジンはこれまでの2リットルターボから2.4リットルターボに変更。そこで、自動車ジャーナリストの小沢コージ氏がサーキット場で限界走行をブチカマして徹底チェック。...
別窓で開く

スバル新型「WRX S4」にクルマ好きザワつく 樹脂フェンダーのアグレッシブセダン
スバルの新型「WRX S4」が発表されました。いまとなっては貴重なスポーツセダン、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。排気量アップの新エンジン搭載「WRX S4」 スバルが2021年11月25日(木)、新型「WRX S4」日本仕様を発表、いまでは貴重なスポーツセダンの新型に、SNS...
別窓で開く


[ フォレスタ ] の関連キーワード

subaru レガシィ スバル ジムニ wrx

<前へ1234次へ>