本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



30車種以上で泊まったライターが選ぶ車中泊向きのクルマ10選
近年、旅のスタイルのひとつとして、またキャンプのようなアウトドアアクティビティとして地位を確立しつつある車中泊。最近は、クルマを買い換える際に車中泊ができるかどうかを選択の基準にするユーザーも増えているようです。では、どんな車種が車中泊しやすいのか? これまで取材やプライベートで30台以上の車種で車...
別窓で開く

SUBARU株5.9%安...背景に主力車の一時出荷停止、業績への影響懸念
SUBARUの株価が2022年4月15日の東京株式市場で一時、前日終値比109円(5.9%)安の1739円まで値を下げた。SUBARUの工場のある群馬県の地元紙、上毛新聞などが「エンジン不具合のため、国内で主力3車種の販売と出荷を停止している」と報じたことを受けたもので、今後の業績への悪影響を懸念す...
別窓で開く

雪上試乗で確信できたスバル初となる市販EV「ソルテラ」のスバル車“らしさ”
「ソルテラ」はスバルらしいクルマになっているのか? はじめて触れるソルテラの、何より注目したい部分はそこだ。ソルテラとは、スバル初となる専用の車体設計で作られた市販EV(電気自動車)のこと。この夏ともいわれている市販を前にプロタイプ(試作車)に試乗する機会を得たのだが、まず驚いたのはその試乗ステージ...
別窓で開く

顔が変わったスバル新型「フォレスター」実はアイサイトなど中身も大幅進化していた
キャンパーやアウトドアズマンたちから人気のSUV、スバル「フォレスター」が、毎年恒例の“年次改良”を受けた。最新モデルのポイントは、なんといってもフロントマスクの刷新。とはいえその中身も、実は驚きの進化を遂げていた。■3度目の改良でD型フォレスターへと進化「フォレスターが進化した」と書けば、「またか...
別窓で開く

スバル新型「WRX S4」にクルマ好きザワつく 樹脂フェンダーのアグレッシブセダン
スバルの新型「WRX S4」が発表されました。いまとなっては貴重なスポーツセダン、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。排気量アップの新エンジン搭載「WRX S4」 スバルが2021年11月25日(木)、新型「WRX S4」日本仕様を発表、いまでは貴重なスポーツセダンの新型に、SNS...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる
「アウトバック」はスバルのラインナップで最も大きなステーションワゴンであり、実質的に同ブランドのフラッグシップといえる存在だ。そんな重要なモデルが、ついに新型へと生まれ変わる。今回は正式発売に先立ち、一部公開されたオフィシャル写真やスペックなどから、注目の日本車である新型アウトバックの実力を予想する...
別窓で開く

ライドに目ヂカラ、グリル大きく「フォレスター」大改良モデル発売 SUVらしさ追求
アイサイトも新世代型に!SUVらしいエクステリアに スバルは2021年8月19日(木)、SUV「フォレスター」の大幅改良モデルを発売しました。 今回はエクステリアを刷新。「レヴォーグ」に引き続き、スバルのデザインコンセプト「BOLDER」表現を取り入れたフロントフェイスや、新デザインのアルミホイール...
別窓で開く

顔つきビシッと「フォレスター」大改良 SUVらしさUP 新世代アイサイト スバル
発売は8月の予定です。レヴォーグに続き新世代アイサイト搭載 スバルは2021年6月14日(月)、SUV「フォレスター」の大幅改良モデルを公開し、先行予約を開始しました。 今回の大幅改良では、2020年発表の新型「レヴォーグ」に引き続き、スバルのデザインコンセプト「BOLDER」表現を取り入れたフロン...
別窓で開く

さすがはSTI謹製!玄人好みの走りこそスバル「インプレッサSTIスポーツ」の美点
スバルのモータースポーツ活動を担い、同ブランドの高性能モデル開発にも関与するSTI(スバルテクニカインターナショナル)。そんなプロ集団が手掛けた最新モデルが、「インプレッサ スポーツ」のSTIスポーツ仕様だ。注目の乗り味は、まさにツウ好みの仕上がり。その魅力と実力を検証する。...
別窓で開く

街乗りからアウトドア遊びまでカバー!スバル「XV」はハイブリッドの進化に驚き
「インプレッサ」の5ドアハッチバックである「インプレッサ スポーツ」をベースに、車高を上げてSUVテイストをプラスしたスバル「XV」が進化した。その内容は、見た目のリフレッシュにとどまらず、走りや機能をブラッシュアップする手の込んだもの。今回は、心臓部にも手が加えられたハイブリッド仕様の実力を試す。...
別窓で開く


<前へ12次へ>