本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の自動車メーカーが最大3%もの大幅値上げ! 中国でも値上げはあるのか—中国メディア
2022年9月6日、中国メディアの毎日経済新聞は、「最大3%の大幅値上げ!」と題し、日本の自動車メーカーが相次いで値上げを発表していると報じた。記事は、日産が先日、現在370万〜480万円で販売している電気自動車(EV)のリーフの価格を値上げすることを発表、今月22日まで現行価格で販売して23日によ...
別窓で開く

「背の低いSUV」なぜ増える? “らしさ”薄れていくSUV 狙いは何なのか
トヨタの新型クラウンは、SUVを主体とした4つの車型で発表されました。こうした「背の低いSUV」が増えているのはなぜでしょうか。SUVはいま、SUVらしくなくなっているといえそうです。全高1700mm台→1600mm台→「それ以下」が増加中 SUVの人気は留まるところを知らないようです。...
別窓で開く

30車種以上で泊まったライターが選ぶ車中泊向きのクルマ10選
近年、旅のスタイルのひとつとして、またキャンプのようなアウトドアアクティビティとして地位を確立しつつある車中泊。最近は、クルマを買い換える際に車中泊ができるかどうかを選択の基準にするユーザーも増えているようです。では、どんな車種が車中泊しやすいのか? これまで取材やプライベートで30台以上の車種で車...
別窓で開く

雪上試乗で確信できたスバル初となる市販EV「ソルテラ」のスバル車“らしさ”
「ソルテラ」はスバルらしいクルマになっているのか? はじめて触れるソルテラの、何より注目したい部分はそこだ。ソルテラとは、スバル初となる専用の車体設計で作られた市販EV(電気自動車)のこと。この夏ともいわれている市販を前にプロタイプ(試作車)に試乗する機会を得たのだが、まず驚いたのはその試乗ステージ...
別窓で開く

ジムニーの燃費は?ほかの軽自動車・4WDオフロード車と比較!
昨今、スズキ・ジムニーの人気が高まってきています。コロナ禍を背景に三密が回避できるレジャーとしてキャンプが普及するなどし、4WDオフロードかつ軽自動車という特徴がユーザーに刺さっているようですね。今回は4WDオフロードでありながら軽自動車であるジムニーの燃費について他の軽自動車や4WDオフロード車と...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる
「アウトバック」はスバルのラインナップで最も大きなステーションワゴンであり、実質的に同ブランドのフラッグシップといえる存在だ。そんな重要なモデルが、ついに新型へと生まれ変わる。今回は正式発売に先立ち、一部公開されたオフィシャル写真やスペックなどから、注目の日本車である新型アウトバックの実力を予想する...
別窓で開く

スポーツカーとSUVの魅力が1台に!アウディ「RSQ3」は刺激的走りと使い勝手が秀逸
デザインや使い勝手、高級感などを武器に、アウディの売れ筋SUVとなっている「Q3」、「Q3スポーツバック」のラインナップに、超高性能モデル「RS Q3」が加わった。ピュアスポーツカー顔負けの過激的な走りを楽しめながら、キャンプなどのレジャードライブにも連れ出せる優れたユーティリティも兼備した欲張り仕...
別窓で開く

スバル SUV型EV「ソルテラ」を発表 トヨタと共同開発で2022年発売へ
トヨタとの共同開発車、ということは!?CセグメントクラスのSUVモデルEV スバル(SUBARU)は2021年5月11日(火)、2022年の発売に向けて開発を進めるEV(電気自動車)の名称が、「SOLTERRA(ソルテラ)」であると発表しました。...
別窓で開く

さすがはSTI謹製!玄人好みの走りこそスバル「インプレッサSTIスポーツ」の美点
スバルのモータースポーツ活動を担い、同ブランドの高性能モデル開発にも関与するSTI(スバルテクニカインターナショナル)。そんなプロ集団が手掛けた最新モデルが、「インプレッサ スポーツ」のSTIスポーツ仕様だ。注目の乗り味は、まさにツウ好みの仕上がり。その魅力と実力を検証する。...
別窓で開く

街乗りからアウトドア遊びまでカバー!スバル「XV」はハイブリッドの進化に驚き
「インプレッサ」の5ドアハッチバックである「インプレッサ スポーツ」をベースに、車高を上げてSUVテイストをプラスしたスバル「XV」が進化した。その内容は、見た目のリフレッシュにとどまらず、走りや機能をブラッシュアップする手の込んだもの。今回は、心臓部にも手が加えられたハイブリッド仕様の実力を試す。...
別窓で開く


<前へ12次へ>