本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「売上は過去最高」ランクル、フォレスター…中古の高級日本車のロシア輸出が激増しているワケ
「7月頃から急に注文が増え始めて、最近は1カ月に約1000台の中古車を船便でロシアに送っています。富山新港発、送り先はウラジオストク。人気なのはトヨタ、スバル、スズキ、マツダ……ロシアに持っていけば日本車なら何でも売れますね。売上は過去最高よ」? 満面の笑みでこう語るのは、富山県射水市にある中古車販...
別窓で開く

スバルの新型SUV「CROSSTREK:クロストレック」のプロトタイプを、公道ではないクローズドエリアで試乗。その体験とスバル関係者との意見交換から、「3つのアクティブ」が見えてきた——。クロストレックという名称は、これまで日本で「XV」と呼んできたモデルの海外仕様に用いられていたものだ。もとを辿れ...
別窓で開く

世界的なSUV(スポーツ多目的車)人気のなかで、スバルを牽引する車種である「フォレスター」に今夏、STIスポーツが車種追加された。このフォレスターに追加されたSTIスポーツというグレードについて、スバルは暮らしのなかでの日常的な利用において、運転者とクルマとの一体感をより高めた車種であるという。ツー...
別窓で開く

「背の低いSUV」なぜ増える? “らしさ”薄れていくSUV 狙いは何なのか
トヨタの新型クラウンは、SUVを主体とした4つの車型で発表されました。こうした「背の低いSUV」が増えているのはなぜでしょうか。SUVはいま、SUVらしくなくなっているといえそうです。全高1700mm台→1600mm台→「それ以下」が増加中 SUVの人気は留まるところを知らないようです。...
別窓で開く

30車種以上で泊まったライターが選ぶ車中泊向きのクルマ10選
近年、旅のスタイルのひとつとして、またキャンプのようなアウトドアアクティビティとして地位を確立しつつある車中泊。最近は、クルマを買い換える際に車中泊ができるかどうかを選択の基準にするユーザーも増えているようです。では、どんな車種が車中泊しやすいのか? これまで取材やプライベートで30台以上の車種で車...
別窓で開く

「フォレスターやXVに次ぐ人気SUVなるか」スバル、新型電気自動車「ソルテラ」の価格と最新画像を公開
SUBARU(7270)は2022年4月14日、新型バッテリー電気自動車「SOLTERRA(ソルテラ)」(日本仕様車)の価格を発表しました。今回は「ソルテラ」の概要やデザインを振り返ったうえで、価格情報を紹介します。※最新画像については画像ギャラリー参照それでは早速、ソルテラの概要を見ていきましょう...
別窓で開く

SUBARU株5.9%安...背景に主力車の一時出荷停止、業績への影響懸念
SUBARUの株価が2022年4月15日の東京株式市場で一時、前日終値比109円(5.9%)安の1739円まで値を下げた。SUBARUの工場のある群馬県の地元紙、上毛新聞などが「エンジン不具合のため、国内で主力3車種の販売と出荷を停止している」と報じたことを受けたもので、今後の業績への悪影響を懸念す...
別窓で開く

雪上試乗で確信できたスバル初となる市販EV「ソルテラ」のスバル車“らしさ”
「ソルテラ」はスバルらしいクルマになっているのか? はじめて触れるソルテラの、何より注目したい部分はそこだ。ソルテラとは、スバル初となる専用の車体設計で作られた市販EV(電気自動車)のこと。この夏ともいわれている市販を前にプロタイプ(試作車)に試乗する機会を得たのだが、まず驚いたのはその試乗ステージ...
別窓で開く

顔が変わったスバル新型「フォレスター」実はアイサイトなど中身も大幅進化していた
キャンパーやアウトドアズマンたちから人気のSUV、スバル「フォレスター」が、毎年恒例の“年次改良”を受けた。最新モデルのポイントは、なんといってもフロントマスクの刷新。とはいえその中身も、実は驚きの進化を遂げていた。■3度目の改良でD型フォレスターへと進化「フォレスターが進化した」と書けば、「またか...
別窓で開く

スバル新型「WRX S4」にクルマ好きザワつく 樹脂フェンダーのアグレッシブセダン
スバルの新型「WRX S4」が発表されました。いまとなっては貴重なスポーツセダン、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。排気量アップの新エンジン搭載「WRX S4」 スバルが2021年11月25日(木)、新型「WRX S4」日本仕様を発表、いまでは貴重なスポーツセダンの新型に、SNS...
別窓で開く


[ フォレスタ suv フォレスタ ] の関連キーワード

subaru アクティブ フォレスタ ランクル ロシア
suv wrx スバル

<前へ123次へ>