本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アフリカで最も危険な毒ヘビ「ブラックマンバ」が絡み合う(南ア)<動画あり>
南アフリカのクルーガー国立公園で今春、2匹のヘビが頭を上げ体が絡み合う姿が捉えられた。ヘビは口の中が黒いことからその名が付いた「ブラックマンバ」で、同国に生息する毒ヘビとしては最長で最も危険と言われている。『Latest Sightings』が伝えた。...
別窓で開く

「その時僕はジョーダンを履いていた」コビーモデル愛好家のデローザンが憧れのスーパースターから受けた“洗礼”を明かす<DUNKSHOOT>
カリフォルニア州コンプトンで生まれ、ロサンゼルスで育ったデマー・デローザン(シカゴ・ブルズ)にとって、ロサンゼルス・レイカーズ一筋20シーズンをプレーしたコビー・ブライアントはアイドルそのものだった。「小さい頃から、僕は彼のプレーからたくさん学んでは真似しようとしてきた。ロサンゼルスで育ったから、彼...
別窓で開く

【NBAファイナル第5戦】ヒートが大接戦を制し、崖っぷちで踏みとどまる!闘将バトラーがシリーズ2度目のトリプルダブル
10月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・レイカーズ(ウエスト第1シード)とマイアミ・ヒート(イースト第5シード)によるファイナル第5戦が行なわれ、ヒートが111−108で勝利。シリーズを2勝3敗とし、第6戦に望みをつないだ。 序盤は主導権の取り合いとなり、8回のリードチェンジの末にヒートが第1ク...
別窓で開く

自身4度目の優勝へ王手をかけたレブロン。歴代屈指のスーパースターが考えるキャリアの中で「最も重要なこと」とは?
2010年以来、フランチャイズ史上17度目のNBA制覇に王手をかけたロサンゼルス・レイカーズは、10月9日(日本時間10日、日付は以下同)に行なわれるファイナル第5戦で決着をつけるべく、プレーオフで4戦無敗の“ブラックマンバ”ジャージーで臨む。...
別窓で開く

コビー追悼の“ブラックマンバ”ジャージーで王座を掴みにいくレイカーズ。過去の着用ゲームで起きた奇跡とは?
ロサンゼルス・レイカーズとマイアミ・ヒートによるNBAファイナルは、ここまで4試合を終えて3勝1敗。レイカーズが10年ぶりの栄冠に王手をかけている。 優勝がかかる第5戦で、レイカーズは“ブラックマンバ”ジャージーで臨むことを発表。...
別窓で開く

悲願の頂点へあと1勝!レイカーズが第5戦で今季不敗の“ブラックマンバ”ジャージーを着用へ
NBA2019−20シーズンのチャンピオンを決めるNBAファイナルは、ここまで4試合を終えてロサンゼルス・レイカーズがマイアミ・ヒートを相手に3勝1敗と王手をかけている。 レイカーズにとっては最後に優勝した2010年以来、10年ぶりの栄冠まであと1勝という状況で迎える10月9日(日本時間10日)の第...
別窓で開く

コビーを“NBA歴代トップ10”から外したスミスにアイバーソンが反論「彼は自動的にトップ5」
アレン・アイバーソンとコビー・ブライアントは言わずと知れた1996年ドラフト組で、長年にわたってしのぎを削ったライバルだった。アイバーソンはその実力を知っているからこそ、盟友が“軽視”されるのは許せなかったようだ。...
別窓で開く

シャックがコビーとの“最強デュオ”を回顧。「リーグを支配」するきっかけとなった大一番に選んだのは?
ロサンゼルス・レイカーズはリーグ優勝16回を誇る名門だ。古くはジェリー・ウエストやウィルト・チェンバレン、マジック・ジョンソン、カリーム・アブドゥル・ジャバーら殿堂入りの名選手たちが所属してきたが、70年を超える歴史のなかで最高デュオのひとつがシャキール・オニールとコビー・ブライアントだろう。...
別窓で開く

シャック、コビー、レブロン…群雄割拠の2000年代、各シーズンのベストプレーヤーに選ばれたのは?
1990年代のNBAは、マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズの時代だった。圧倒的なパフォーマンスで数々の個人賞に輝いたジョーダンに率いられ、ブルズは2度の3連覇を達成。王朝を築き上げ、このディケイドを支配したと言っていい。 だがジョーダンが1999年に2度目の現役引退を表明すると、NBAは群雄割拠の...
別窓で開く

NBA史上1位の「1万4481本」。“生粋のスコアラー”コビー・ブライアントが残した隠れた偉大な記録とは?
1月26日(日本時間27日、日付は以下同)にヘリコプター墜落事故によってこの世を去ったコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)は、言わずと知れたNBAのスーパースターだ。 キャリア20シーズンすべてをレイカーズに捧げた男は、5度の優勝に2度のファイナルMVPに輝いたほか、オールスターには1...
別窓で開く


<前へ12次へ>