本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「彼がMVPじゃなければふざけている」ヨキッチの3年連続MVPを指揮官、同僚が後押し「彼がいなければナゲッツはどうなったか」<DUNKSHOOT>
現地時間1月1日(日本時間2日、日付は以下同)、イースタン・カンファレンス首位の26勝10敗(勝率72.2%)を記録するボストン・セルティックスと、ウエスタン・カンファレンス1位の23勝12敗(勝率65.7%)をマークするデンバー・ナゲッツが激突し、ホームのナゲッツが123−111で勝利した。...
別窓で開く

2022年10月1日に心不全により死去した「燃える闘魂」アントニオ猪木。長きにわたって日本プロレス界のスーパースターとして君臨してきた猪木の後継者は誰なのか? 関係者やファンにとっては大きな関心事として議論の的になってきた。 そんな猪木の後継候補として有力視されてきたレスラーによる因縁渦巻く”不穏マ...
別窓で開く

吉田拓郎「ラジオに育てられて、ラジオと共に青春したな」 自身のラジオと音楽の歴史を大いに語った最終回
吉田拓郎がパーソナリティを務める『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)が、12月16日(金)の放送で最終回を迎えた。吉田拓郎吉田拓郎とニッポン放送の縁は深く、1971年の『バイタリス・フォーク・ビレッジ』のレギュラーパーソナリティから始まり、1974年からと1980年からの2回に...
別窓で開く

イランに快勝も「お粗末だった」アメリカ戦…イングランド指揮官に英メディアも辛辣「大あくびをした」[現地発]【W杯】
「ワールドカップのようなビッグトーナメントでは、全ての試合が綺麗なバラ色に染まることはない。厳しい試合も当然出てくる。イングランドはグループステージを勝ち上がれると思っているが、アメリカ戦は……お粗末だった。 私も落胆している。正直もっと良い内容の試合を期待していた。だが...
別窓で開く

奇才キューブリック特集や年末年始の人気映画一挙放送など話題作が目白押し!! ムービープラス 2022年12月おすすめ番組&特集!
『時計じかけのオレンジ』© Warner Bros. Entertainment Inc.CS映画専門チャンネル ムービープラスの2022年12月のおすすめ番組&特集をご紹介!【特集:追悼ウォルフガング・ペーターゼン】【特集:奇才キューブリック】では彼らが遺したヒット作を放送。...
別窓で開く

2022年10月1日に心不全により死去した「燃える闘魂」アントニオ猪木。日本プロレス界のスーパースターとして君臨してきた猪木は、引退以降も数多くの試合に強い影響を及ぼしてきたといわれている。 なかでもプロレス史に残る“不穏マッチ”である1999年1月4日の橋本真也vs小川直也の一戦は「猪木が黒幕だっ...
別窓で開く

手紙にカミソリ、噛ませ犬…“タイガーvs小林”“藤波vs長州”がもたらしたもの
2022年、アントニオ猪木が設立した新日本プロレスと、ジャイアント馬場が設立した全日本プロレスが50周年を迎えた。今も多くのファンの心を熱くする70〜80年代の“昭和のプロレス”とは、すなわち猪木・新日本と馬場・全日本の存亡をかけた闘い絵巻だった。...
別窓で開く

「国民的ヒール」“金狼”上田馬之助が生涯貫いたレスラー魂
“金狼”上田馬之助の登場は、まさに衝撃だった。力道山がアメリカから日本に持ち込んで以来、プロレスは日本人がベビーフェース(善玉)、外国人がヒール(悪玉)という図式が基本。当時の少年ファンたちも、悪いガイジンをやっつける、日本人レスラーたちを一生懸命に応援してきたはずだ。...
別窓で開く

「IQはアインシュタイン級」のジョーダン、堅実なストックトン&ダンカンーー優れた頭脳を持つ“ベストIQチーム”を厳選<DUNKSHOOT>
近年のNBAはポジションレス化が進行し、選手には多様性とともにバスケットボールIQの高さも重要視されるようになった。 もっとも、“バスケットボールIQ”という用語に厳密な定義はない。状況に応じて正しいプレーを選択でき、ボーンヘッドを犯さない選手、といったところか。...
別窓で開く

チェルシー新オーナー、トゥヘル監督に最大6選手の獲得を約束? 予算は約330億円か
チェルシーの新オーナーは、今夏の移籍市場でトーマス・トゥヘル監督を全面的にバックアップするようだ。24日にイギリス紙『テレグラフ』が報じた。 5月末にロマン・アブラモヴィッチ氏からトッド・ベーリー氏ら率いるオーナーグループに経営権が移行したチェルシー。...
別窓で開く



<前へ123次へ>