本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【1月のクリスマス】ロシアの支配を脱したウクライナ正教のクリスマス・ミサに沸くキーウの平和《不肖・宮嶋 ウクライナで神と遭う》
 不肖・宮嶋、半年ぶりにウクライナに戻って参りました。期せずして、我らが岸田文雄首相もヨーロッパを歴訪されるとのこと。折しも東方正教クリスマスの時、どうせ政府専用機でお越しになられるんやから、当地でロシア軍のインフラ攻撃のせいで、極寒の寒さに震えるウクライナの民に日本製の長持ちする使い捨てカイロでも...
別窓で開く

「まるでジェームズ・ボンドの映画のよう」衝撃のノンフィクション『リトビネンコ暗殺』主演俳優インタビュー
2006年にロンドンで起きたロシア人元スパイ、リトビネンコの暗殺事件と、その後10年間の捜査の全貌を忠実に再現した『リトビネンコ暗殺』(全4話)の独占日本初放送が2月6日(月)から「BS10 スターチャンネル」にてスタートする。放送開始に合わせて、アレクサンドル・リトビネンコを演じたデヴィッド・テナ...
別窓で開く

ゼレンスキー大統領「我が国の日常の現実だ」ドネツク州の集合住宅へのミサイル攻撃を非難 これまでに3人が死亡
1日、東部ドネツク州の集合住宅にロシア軍のミサイル攻撃があり、これまでに3人が死亡しました。ゼレンスキー大統領はSNSに現場とみられる映像を投稿し、ロシアを非難しました。ゼレンスキー大統領が投稿した映像。がれきの中で救助活動が行われています。ドネツク州警察によりますと1日、クラマトルシクの集合住宅に...
別窓で開く

ロシアとウクライナのはざまで揺れるIOCの苦悩 バッハ会長の手紙につづられていたジレンマ(春日良一)
(長文の返事には…(IOCのバッハ会長)/(C)共同通信社)【特別寄稿 春日良一】 国際オリンピック委員会(IOC)が1月25日に声明を出した。ウクライナとの連帯、オリンピック休戦を破ったロシアとベラルーシへの制裁、そして同国選手の立場について、IOC理事会がまとめた形だ。...
別窓で開く

デヴィ夫人「やっぱりプーチン大統領」戦いたい相手聞かれ「行ってよかった」ウクライナに物資
デヴィ夫人(82)が1日、都内のホテルで行われた「K−1 AWARDS 2022」にプレゼンターとして出席した。昨年2月の対戦で「最高試合賞」を受賞した、金子晃大(26)と玖村将史(24)にトロフィーを渡した。濃いブルーのロングドレス姿のデヴィ夫人は「おふたりとも若い。しかもハンサム。皆さんが戦って...
別窓で開く

東部ドネツクの集落制圧、プーチン大統領がボルゴグラードで演説へ…第2次世界大戦の激戦地
 ロシア国防省は1月31日、ウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムト北方約10キロ・メートルの集落を制圧したと発表した。州都ドネツクの南西ウフレダルなどでも攻防の激化が伝えられている。プーチン大統領は2日、第2次世界大戦の激戦地だった露南部ボルゴグラード(旧スターリングラード)で演説する予定で、露軍は...
別窓で開く

「ウクライナ関係者」有力か=下馬評にロシア反体制指導者も—ノーベル平和賞推薦締め切り
 【ロンドン時事】今年のノーベル平和賞の候補者推薦が1月31日に締め切られた。ロシアのウクライナ侵攻を背景に、ウクライナのゼレンスキー大統領やロシア反体制活動家が有力候補に挙がる一方、「ウクライナ以外」の候補も多数いるもようだ。受賞者は10月に発表される。 選考過程は50年間公表されない規則だが、推...
別窓で開く

エルミタージュ美術館にサイバー攻撃=ブチャ事件の情報流れる—ロシア
 ロシア第2の都市サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館が、サイバー攻撃に遭った。ロシアがウクライナ侵攻後に一時占領し、多数の民間人殺害事件が明るみに出た北部キーウ(キエフ)州ブチャの情報が、館内のモニター画面に流れたという。 地元の独立系メディア「フォンタンカ」が31日に伝えた。サンクトペテル...
別窓で開く

独ソ激戦80年「スターリンの町」へ=プーチン氏、祖国防衛にすり替え
 タス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は31日、プーチン大統領が2月2日に南部ボルゴグラード(旧スターリングラード)を訪れると明らかにした。この日は、第2次大戦で最も激しかったスターリングラード攻防戦(1942〜43年)の終結から80年に当たる。 スターリングラードは「(ソ連の独裁者)スタ...
別窓で開く

ロシア・ウクライナ、節目巡り心理戦=大規模攻勢「2月24日説」
 【キーウ時事】ロシアのウクライナ侵攻は2月に差し掛かり、24日の丸1年の節目が間近に迫る。プーチン政権が一方的に「併合」した東・南部の戦闘と並行し、双方のどちらが戦争の長期化に耐え得るかを巡る心理戦が展開されている。ロシア軍による都市部への空爆や砲撃が続き、民間人の死傷にも歯止めがかからない状況だ...
別窓で開く