本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「売春やブルセラを本質的に否定できる大人はいなかった」芥川賞候補作家・鈴木涼美(39)が振り返る「青臭くも愛しい」反抗と実践のギャル時代
 物書きであり、女優のような出役もこなす。鈴木涼美は、グレーだ。不思議な二面性を備えた、グレーゾーンの女。黒と白の衣装を纏い、滑らかで柔らかそうな鈴木の肌や、光を宿して微かに開いた桃色の唇をぼんやりと眺めていると足首、二の腕、そして背中に覗くタトゥーの青黒い存在に目が覚める。...
別窓で開く


<前へ1次へ>