本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「修学旅行のお土産“七福神”を燃やされ…」創価学会2世の証言 長井秀和も学会からの抗議書に徹底反論
 国会では救済新法成立に向け、与野党の攻防が佳境を迎えている。公明党が暗躍する中、本誌(「週刊新潮」)に掲載した元信者・長井秀和氏(52)のインタビューが創価学会の逆鱗に触れた。抗議書で事実無根と主張するが、透けて見えてきたのは、かの教団との共通点で——。 ***「いかにも創価学会のやりそうなことで...
別窓で開く

なぜこれが検索1位?都道府県別急上昇ワード2022 岩手「天津木村」奈良2位「ゲーム麻雀無料」高知「法人番号検索」
毎年恒例の「Yahoo!検索大賞」、都道府県別に急上昇ワードを見ると興味深いデータがありました。■Yahoo!検索大賞2022 まずは全国を見ると山内あゆキャスター:今年どんなものが検索されたのか。去年と比べて検索数が急上昇した人物・作品などをランキングしたのが、Yahoo!検索大賞です。...
別窓で開く

昼食は500円以内。ラーメンが贅沢。「平均年収443万円」の残念な実態
 年収443万円。国税庁が毎年発表する「民間給与実態統計調査」によると、これが1年を通じて働いたこの国の給与所得者の平均年収だという。 もちろんこれは、非正規雇用で働く人からすれば、夢のまた夢の数字。「年収が400万円もあったら、安心して暮らしていける」と考えるのも当然だろう。しかし、現実はちょっと...
別窓で開く

消費税の不正還付、追徴税額が前年比3倍の111億円に…国税庁が専門調査官を全国配置
 消費税の還付を申告した法人に対して全国の国税局が今年6月までの1年間に行った税務調査で791件の不正が見つかり、追徴税額が前年比約3倍の111億円に上ったことが国税庁のまとめでわかった。 国税庁によると、この間の消費税還付申告法人に対する調査は4252件で、7割近い2877件で追徴を行い、うち79...
別窓で開く

消費税の追徴額過去最高=869億円、法人調査—国税庁
 国税庁は5日、全国の国税局などが6月までの1年間に実施した法人に対する税務調査で、消費税の追徴額が869億円に上り、過去最高だったと発表した。 同庁によると、事業所訪問を伴う消費税の実地調査は4万件と前年比62.9%増えた。...
別窓で開く

 学校法人森友学園を巡る財務省の公文書改ざん問題で自殺した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻雅子さん(51)が、同省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官に損害賠償を求めた訴訟で、原告側は2日、請求を棄却した大阪地裁判決を不服として大阪高裁に控訴した。 11月25日の大阪地裁判決は、「公...
別窓で開く

申告義務はいくらから? 経費はどこまでOK? 元国税調査官が教える「副業サラリーマン」節税のススメ
サラリーマンには確定申告未経験という人も多いが、副業をしている場合、申告義務が発生する可能性がある年の瀬が近付き、確定申告の季節が訪れようとしている。'18年1月に働き方改革で副業が解禁されて以降、副業人口は漸次増加。ウーバーイーツ配達員など、時間や場所を問わず自由に働けるギグワークを始めたサラリー...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■上場会社による監査法人の交代が急増2022年11月28日発売の「週刊ダイヤモンド」(2...
別窓で開く

税務調査で見つかる申告漏れは1件当たり「256万円」。経営コンサルタントは「2,266万円」
ある日かかってくる一本の電話 毎年、確定申告をするフリーランスにとって恐怖の対象は、税務署の「税務調査」でしょう。 例えば、申告が終わって、しばらく経ったある日、...
別窓で開く

2023年10月から始まるインボイス制度に、延期や中止の声が上がっている。ジャーナリストの小川匡則さんは「零細事業者を狙い撃ちにした増税だが、それだけでは済まない。財務省の本当の狙いは、その先の『消費増税』にある」という——。■「500万人近くがインボイスの影響を受ける」「インボイス反対」の声が日増...
別窓で開く


[ 国税庁 ] の関連キーワード

創価学会 財務省