本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米韓空軍 最新鋭ステルス戦闘機が参加する合同訓練を3日も実施
核・ミサイル開発を進める北朝鮮の脅威に備えるため、アメリカ軍と韓国軍は1日に続き、3日も最新鋭のステルス戦闘機が参加する合同訓練を行いました。韓国国防省によりますと、アメリカ軍のF22や韓国軍のF35Aなど最新鋭ステルス戦闘機が参加する合同訓練は、3日、黄海上空で行われました。...
別窓で開く

え、空母サンパウロ買うの!? ブラジル沖漂う沈みかけの幽霊船に救いの手 事態は急展開
何に使うつもりなのか?最初に購入した会社の3倍の値段で購入を示唆 現地時間の2023年1月31日、ブラジル海軍が自沈を計画していた、元空母「サンパウロ」に関して新たな動きがありました。サウジアラビアのSela(セラ)という企業が、3000万レアル(約7億6400万円)で同元空母の購入を提案したと現地...
別窓で開く

ウクライナ「ナチスの精神的後継者はロシア」…プーチン氏「祖国防衛」演説に反発
 ロシアのプーチン大統領は、2日に露南部ボルゴグラード(旧スターリングラード)で行った演説で、ドイツがウクライナに戦車「レオパルト2」の供与を決めたことについて、「我々は再び脅かされている」と主張した。ウクライナ侵略を「祖国防衛」の歴史にすり替える演説に対し、ウクライナ側は批判を強めている。...
別窓で開く

裏切者企業がロシアと取引する音声 ウクライナへの戦車供与は汚職摘発が条件だった?【報道1930】
西側諸国が身を切って続けるウクライナへの軍事支援と経済支援。ところが、戦時下のウクライナで汚職や国への裏切り行為が蔓延しているという。ロシアとの取引を記録した軍事関連企業の社長の電話の音声や、そうした汚職摘発が欧米の軍事支援にどう影響しているのかを深堀りした。戦車供与の条件が汚職高官の一掃だった?先...
別窓で開く

"汚職と腐敗"のウクライナ政府が米国供与の武器を「横流し」!?
武器のブラックマーケットの横流しで一番やばいのが、ウクライナを救った米国製ジャベリン対戦車ミサイルFGM-148だ。重さ22.3kg、射程2kmいまこの時もウクライナ軍の兵士たちは、自らの命を的にしてロシア軍と戦っている。しかしその背後でウクライナの政権中枢では、別の戦いが始まっていた。...
別窓で開く

「主翼もエンジンも操縦席も付け替えできます」超斬新な戦闘機、実現なるか? その全容や強み
用途に応じて最適化されたパーツを付け替えることで、様々な任務に使用できるという斬新なコンセプトを持つ軍用機の開発を、英国ベンチャー企業が進めています。どのようなものなのでしょうか。操縦室・主翼、エンジン数まで付け替え可能! 英国のアエラリス(Aeralis)というベンチャー企業が、斬新なコンセプトを...
別窓で開く

北朝鮮、ウクライナ東部に軍・警察所属の労働者派遣へ
北朝鮮は、ロシアの占領下にあるウクライナ東部の再建事業に派遣する人員の選抜を進めている。ロシア在住のデイリーNK情報筋によると、北朝鮮当局は、ロシアに労働者を派遣している貿易会社に対して、ウクライナ東部に派遣する人員を選抜せよと指示を下した。...
別窓で開く

 【ソウル=溝田拓士】米韓両空軍は1日、朝鮮半島西側の黄海上空で戦略爆撃機やステルス戦闘機による朝鮮半島有事を想定した合同訓練を行った。米韓の国防トップが1月31日に会談したばかりで、翌日の訓練実施には対北朝鮮での連携強化をアピールする狙いがあるとみられる。...
別窓で開く

米韓、B1爆撃機交え訓練=北朝鮮は対抗強調
 【ソウル時事】韓国国防省は2日、米軍のB1B戦略爆撃機が参加する合同訓練を1日に黄海上空で行ったと発表した。訓練には両軍の最新鋭ステルス戦闘機F35も加わり編隊飛行した。一方、北朝鮮は米韓の動きを非難し、対抗する考えを強調した。 米韓国防相は1月31日の会談で、核を含む米国の戦力で韓国を守る「拡大...
別窓で開く

「敵は内部に?」…運転未熟なロシアの戦車が「味方を攻撃」
「ロシアの戦車にロシアの兵士たちが攻撃を受ける」というあきれた場面が捉えられた。複数のメディアによると、先月末ウクライナ国防省はツイッターを通じて、ロシア軍の動向を偵察した映像を公開した。この映像によると、あるロシアの戦車が砲塔を回転させずに起動したため、他の戦車の上に座っていた兵士たちがその戦車砲...
別窓で開く


[ 国防省 ] の関連キーワード

ウクライナ プーチン ブラジル ナチス 北朝鮮
ロシア