本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナへの供与兵器大図鑑!  最新版"陸の最強ウエポン"が大集結中!
ロシアによるウクライナへの侵攻が始まってから間もなく1年。昨年から米英を中心として対戦車ミサイルや榴弾砲などの兵器をウクライナへ供与してきたが、今年はそれがさらに本格化している。ロシア軍を駆逐し、領土を奪還するために各国が供与している兵器を紹介!1月19日、アメリカ国防省は自国装甲車のストライカーや...
別窓で開く

ウクライナ軍・戦車部隊がイギリス到着 戦車操縦などの訓練のため
ウクライナでロシアによる攻撃が続くなか、イギリス国防省はウクライナ兵が戦車の操縦などの訓練を受けるため、イギリスに到着したと明らかにしました。ウクライナ南部ヘルソン州当局によりますと、29日、州都・ヘルソンの学校や病院がロシア軍の砲撃を受け、3人が死亡、6人が負傷しました。...
別窓で開く

ウクライナ兵、戦車訓練のためイギリスに到着 英政府高官、戦車到着は「3月末ごろを想定」
イギリス国防省はウクライナ軍の兵士が戦車の訓練を受けるためイギリスに到着したと明らかにしました。30日にも訓練が始まる見通しです。イギリス国防省は29日、ツイッターに飛行機から降りてくる兵士とみられる人たちの写真を投稿した上で、「ウクライナ軍の戦車部隊が訓練を開始するためイギリスに到着した」と明らか...
別窓で開く

T-14 vs レオパルト2 ロシア最新主力戦車は信頼と実績のドイツ戦車に対抗しうるのか?
西側諸国によるウクライナへの戦車供与が大きく取りざたされるなか、ロシア側にも最新主力戦車に動きが見られました。21世紀のハイテクが詰まったT-14戦車は、信頼と実績たっぷりのドイツ「レオパルト2」に対抗しうるのでしょうか。「レオパルト2」ウクライナへ 一方ロシアにも最新戦車に動きが…? ドイツ製戦車...
別窓で開く

イギリス「シーキング」ヘリコプターをウクライナへ供与 すでに黒海沿岸で実戦投入
ウクライナ海軍の捜索救難能力が復活する足掛かりに。ウクライナでの運用は黒海沿岸で イギリス国防省は2023年1月22日、ウクライナにウエストランド「シーキング」ヘリコプターを供与し、ウクライナ海軍で運用されていると発表しました。...
別窓で開く

ロシアもう後がない? ついに最新戦車T-14をウクライナ至近へ配備した理由 ハッタリなのか?
2023年1月、ロシア最新戦車T-14がウクライナ国境近くに配置されていることを、英国防省が衛星画像で確認しました。しかし数はごくわずか。戦力的にほぼ貢献しそうにない同戦車が、あえて戦闘に投入されるかも知れない意味を推察します。最新戦車T-14がウクライナ国境至近に出現 イギリス国防省は2023年1...
別窓で開く

「歩兵戦闘車」はどこへ行く? 各国で失敗続きの次世代歩兵戦闘車開発 独英米の現状
戦車に随伴する歩兵を運び、ある程度の戦闘もこなす「歩兵戦闘車」の次世代車両開発がドイツ、イギリス、アメリカで進められていますが、各国とも足並みを揃えたように捗っていません。それぞれの現状などをまとめました。戦車のお供「歩兵戦闘車」そろそろ世代交代のはずだけど…? 2023年1月4日、アメリカはM2「...
別窓で開く

イギリス 陸軍現用の主力戦車「チャレンジャー2」ウクライナへ供与決定
G7加盟国でMBTの引き渡しは初!重量60tオーバーの重量級戦車がウクライナへ ウクライナ国防省およびウクライナ軍参謀本部は2023年1月14日、イギリス陸軍の現用戦車「チャレンジャー2」が引き渡されると発表しました。 これは、ウクライナのゼレンスキー大統領とイギリスのスナク首相が電話会談をした際に...
別窓で開く

9回も失敗…ロシアがドネツ川渡河作戦を繰り返した理由
任務が解かれない限り攻め続けなければならなかったロシアの機動部隊。ドネツ川渡河作戦は、第二次世界大戦におけるアメリカ軍の沖縄攻防戦と同じ消耗戦だったのか。軍事のプロフェッショナル・小川清史元陸将が、渡河作戦におけるロシアとウクライナの攻防戦略を図解入りで解説します。...
別窓で開く

激震スクープ!プーチンはやはり「ガン」に侵されていた(3)「膵臓ガン」と「パーキンソン病」のダブルパンチで「余命数年」
 前回と前々回の本連載記事では「プーチンは長い間、ガンを患っており、死期が近い」とのウクライナ国防省発の極秘情報の真贋に迫るとともに、ロシアの医療当局が数年前から、日本を含む先進国のガン専門医らに最新のガン治療法の提供を求めていた、との事実をスッパ抜いた。 だが、プーチン大統領が患っているとされる「...
別窓で開く


[ 国防省 イギリス ] の関連キーワード

シーキング ウクライナ イギリス ドイツ ドネツ
ロシア