本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



学校の授業では教えてもらえない名著の面白さに迫る連載『明日の仕事に役立つ 教養としての「名著」』(毎週木曜日配信)の第17回は、2024年のNHK大河ドラマの主人公、紫式部の『源氏物語』について解説します。この連載は毎週更新です。著者フォローをすると、新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届き...
別窓で開く

日本の古典文学というと、学校の授業で習う苦痛な古典文法、謎の助動詞活用、よくわからない和歌……といったネガティブなイメージを持っている人は少なくないかもしれませんが、その真の姿は「誰もがそのタイトルを知っている、メジャーなエンターテインメント」です。学校の授業では教えてもらえない名著の面白さに迫る連...
別窓で開く

吉高由里子、「重いテーマ」の新ドラマ現場でディーンに仕掛けた“いたずら”とは?
 吉高由里子主演のドラマ「星降る夜に」(テレビ朝日系)が、1月17日にスタートする。 このドラマは、吉高演じる産婦人科医・雪宮鈴が、のどかな海の街を舞台に遺品整理士として働く青年・柊一星(北村匠海)と恋に落ちるピュアなラブストーリー。...
別窓で開く

日本の古典文学というと、学校の授業で習う苦痛な古典文法、謎の助動詞活用、よくわからない和歌……といったネガティブなイメージを持っている人は少なくないかもしれませんが、その真の姿は「誰もがそのタイトルを知っている、メジャーなエンターテインメント」です。学校の授業では教えてもらえない名著の面白さに迫る連...
別窓で開く

「夫に看取ってもらう」はファンタジー。「ひとり」が怖い50代のあなたへ——伊藤比呂美さんインタビュー
 女性の50代は、子どもの巣立ち、親・配偶者との別れによって、「母」でも「妻」でも「娘」でもなくなる時がくることを、少しずつ実感し始める年代だ。 詩人の伊藤比呂美さんは、両親とパートナーの死を見届けて、21年暮らしたアメリカを離れ、2018年に拠点を熊本に移した。...
別窓で開く

松潤主演NHK『どうする家康』は「シン・大河」になる? 大ヒット大河ドラマ“勝利の方程式”とは
 日曜夜の名物・NHKの大河ドラマは2023年の『どうする家康』で放送開始60年を迎える。井伊直弼を主人公にした『花の生涯』(1963年)からはじまった大型歴史ドラマは、時代の流れと共に様々な変遷を遂げてきた。...
別窓で開く

無理難題を吹っかける内田裕也を「私にとっての提婆達多」と…母、樹木希林はなぜお経をあげていたのか
 約20年の米国生活を経て日本に帰国し、近年はお経の現代語訳に尽力している、詩人の伊藤比呂美さん。そして1回目の結婚に終止符を打ったときに樹木希林さんは法華経に出会ったと話す、娘の内田也哉子さん。法華経や般若心経をはじめとするお経への関心や、宗教における「死」について語った伊藤比呂美さんと内田也哉子...
別窓で開く

吉高由里子34歳に「ICUでは何もかも丸出しだったから、裸に抵抗感がなかったのかも」人生観が激変した“出来事”とは——2022年BEST5
2022年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。女性芸能人部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年7月22日)。*  *  * きょう7月22日は俳優の吉高由里子の34歳の誕生日だ。昨年放送のドラマ『最愛』(TBS系)では殺人事件の重要参考人となる実業家の...
別窓で開く

日本の古典文学というと、学校の授業で習う苦痛な古典文法、謎の助動詞活用、よくわからない和歌……といったネガティブなイメージを持っている人は少なくないかもしれませんが、その真の姿は「誰もがそのタイトルを知っている、メジャーなエンターテインメント」です。学校の授業では教えてもらえない名著の面白さに迫る連...
別窓で開く

【本棚を探索 書評家・三宅 香帆選集(2022年下半期)】『やりなおし世界文学』『そして誰もゆとらなくなった』『この夜を越えて』ほか
労働新聞で好評連載中の書評欄『本棚を探索』から、2022年の下半期に公開した三宅香帆さんご執筆のコラムをまとめてご紹介します。『やりなおし世界文学』津村 記久子 著世界文学、という大仰な名称に対して、描かれているものは意外とちっぽけだったりする。だって小説なんて、しょせんは人間同士の営みを丁寧に掬い...
別窓で開く


[ 紫式部 ] の関連キーワード

大河ドラマ best 源氏物語 ディーン 比呂美
由里子

<前へ1234567次へ>