本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「このままでは共産党の衰退が加速する」抱いた危機感 党員・松竹伸幸氏が「党首公選」を訴える理由
内閣支持率が低迷する一方で、野党の支持率も伸び悩む。日本の主要政党の中で党員による党首選を行っていないのは公明党と共産党で、特に共産党は志位和夫委員長が20年以上にわたって党のトップを務めている。この「長期政権」が低迷の一因との指摘もある。...
別窓で開く

赤松健氏「みんなが戻ってこれる場所になるためにここにいる」 『C100』政治家系サークルが表現の自由を訴える同人誌を頒布
2022年8月13日・14日に東京ビッグサイトで開催された『コミックマーケット100(C100)』。2日間でサークル数約2万を数え、来場者は約170000人を集めましたが、大きな混乱もなく終了となりました。『C100』には、表現の自由を政策で重視している政治家が数多く参加。...
別窓で開く

自民党・河野太郎氏が「ヨット」に興味を持ったきっかけの本とは?
ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(7月17日放送)では、2022年上半期の傑作選をまとめた。ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」自由民主党・河野太郎氏が影響を受けた本淵澤由樹(進行役):自由民主党・衆議院議員の河野太郎さんが、「子どものころに影響を受け...
別窓で開く

イーロン・マスク氏の「予言」で議論再燃...東洋経済「人口減サバイバル」、ダイヤモンド「5年後の業界地図」、エコノミスト「資源ショック」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■参院選後には「年金危機」が迫っている「週刊東洋経済」(2022年7月9日号)の特集は、...
別窓で開く

表現の「自由」と「規制」そのバランス  山田太郎参議院議員が語る
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月29日放送)に参議院議員の山田太郎が出演。表現の規制について解説した。参院予算委員会で質問する自民党・山田太郎氏=2020年3月16日午前、国会・参院第一委員会室 写真提供:産経新聞社表現規制3月24日に星海社新書から『「表現の自由」の闘い方』...
別窓で開く

 山田孝之、松田龍平、石野卓球、浅野忠信と並べれば、不倫話かと早とちりする方もおいでだろうが、これにピエール瀧を加えると、俄然「薬物」の臭いがしてくる。FLASHによれば、今年8月(2021年)に会社経営の保坂学被告(42)と弟の耕司被告(40)が、乾燥大麻1.8グラムを所持していたとして、厚生労働...
別窓で開く

大谷翔平が不振に喘いでいる。初めてシーズンを通して二刀流でフルに活躍してきた疲労が蓄積されているのだろう。TIMEマガジンの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたように、ベーブ・ルースを超えた存在は、「世界的にファンを増やし、野球に引き付けた」(エンゼルスのマドン監督=スポニチ9月17日付)。...
別窓で開く

「メディアと国民が政治動かすチャンス」 自民総裁選「混戦」模様に橋下徹、指摘
菅義偉総理の不出馬で一気に加速した自民党総裁選だが、次期自民党総裁は誰になるのか。6日(2021年9月)の「めざまし8」では有力候補とみられる6人の素顔と総裁選の情勢に迫った。いち早く立候補を表明したのは生真面目と評判の岸田文雄・前政調会長(64)。党の若返り案を提案し、総裁を除く党役員は1期1年連...
別窓で開く

「菅独裁への怒り」と4つの想定外 「党史上最悪の辞任劇」指摘も
先週3日(2021年9月)、永田町に激震が走った。菅義偉総理が官邸での会見で、「新型コロナ対策に専念したい」として自民党総裁選に出馬しないことを表明したのだ。日本中を驚かせた不出馬表明の背景に何があったのか。6日の「めざまし8」は専門家に話を聞いた。総裁選出馬に意欲を見せていた菅義偉総理だが、内閣支...
別窓で開く

物悲しい雰囲気が漂った東京五輪開会式で、唯一、私が感動したシーンは、長嶋茂雄(85)が王貞治、松井秀喜と聖火ランナーとして現れたときだった。長嶋もこの日を楽しみに、昨年秋(2020年)から過酷なリハビリに取り組んでいたそうだ。足取りはおぼつかないが、左手でトーチを掲げる立姿は現役時代の彼を彷彿とさせ...
別窓で開く


<前へ12次へ>