本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



阪神やDeNAは獲得すれば未来は安泰? 課題の守備力も向上した“打てる捕手”松尾汐恩を推したい理由——“超高校級逸材3傑”の未来を占う
アメリカで開催されていたU-18ワールドカップも終わり、現在の高校3年生世代の試合は、公開競技として行なわれる国民体育大会を残すのみ。ドラフト会議が約1か月後に迫り、高校球界逸材たちの進路に対する関心も高まっている。 今年の甲子園を経験した「スター」と言える選手で、プロ入りが有力視されているのは、浅...
別窓で開く

夏の甲子園、スカウト陣はどう見た? 高松商・浅野翔吾は“ドラ1確実”も…近江のエース「山田陽翔」は上位指名を疑問視する声
■プロでもクリーンアップが打てる素材 熱戦が続いている夏の甲子園。大会前、ドラフト候補という側面では、ドラフト1位指名が確実と見られるような超大物は不在と言われていた。果たして、その中で評価を上げた候補選手はいたのだろうか。彼らのプレーとスカウトのコメントから探ってみたい。...
別窓で開く

近江・山田陽翔からタイムリーも2三振。「鳴門のラオウ」前田一輝をオリックススカウトはどう評価したのか?
 近江・山田陽翔と鳴門・冨田遼弥、今夏の甲子園を代表する好投手の投げ合いに、高校野球ファンもメディアもスカウトもみんな釘づけになっていた。 そんななか、個人的にどうしても気になる選手がいた。鳴門の4番・センターに座る前田一輝である。初戦で近江に敗れたが、好投手・山田陽翔からタイムリー三塁打を放った鳴...
別窓で開く

史上3度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭。藤浪、根尾世代のような“スター不在”のチームの強みは何か?【高校野球】
8月6日に夏の全国高校野球選手権が開幕する。大会の大きな注目ポイントと言えば、やはり3度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭の戦いぶりだ。2012年には藤浪晋太郎(阪神)、森友哉(西武)、2018年には藤原恭大(ロッテ)、根尾昂(中日)らを擁して春夏連覇を達成しているが、当時のチームと比べて今夏のチームはど...
別窓で開く

三浦学苑・山本煌翔、フルゲームの激戦制して3回戦進出 男子単2回戦<卓球・インターハイ>
<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>8月1日、全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)は大会3日目を迎え、男子シングルスの2回戦が行われた。関東大会で学校対抗準優勝に輝いた三浦学苑のエース・山本煌翔は、熊本県代表の佐藤優朔(慶誠)と...
別窓で開く

出雲北陵、創部初のインハイ学校対抗ベスト4 男子複・名電は3組が8強狙う<卓球・インターハイ>
<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>31日、全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)は大会2日目を迎え、男子学校対抗の準々決勝、男子ダブルスの3回戦までが終了した。男子学校対抗では、前回大会決勝で優勝を争った愛工大名電と野田学園の2...
別窓で開く

“身内”からも猛反発…WBC・栗山英樹監督のメンバー選考、何が問題だったのか
 来年3月に行われるWBC1次リーグの組み合わせが7月8日に発表された。日本は韓国、中国などと同じB組。日本代表・侍ジャパンの栗山英樹監督(61)は、「世界一しか目指さない」と、強い決意を語った。 日ハムの監督を退任後、昨年11月30日に代表監督に就任した栗山氏。...
別窓で開く

プロ注目打者・佐々木麟太郎のセンバツで見えた課題。「自分はセンスがない」と語る2年生は清原和博らも味わった屈辱を糧にできるか
大阪桐蔭の圧倒的な強さが目立った今年の選抜高校野球だが、開幕前に最も注目を集めていたのが、花巻東の佐々木麟太郎だ。【動画】神宮の秋空に舞い上がった圧巻弾! 佐々木麟太郎の豪快ホームランをチェック 入学直後からホームランを量産し、新2年生ながら大会開幕前までに高校通算56本を記録。...
別窓で開く

【センバツで評価を上げた投手5人】“大会の顔”となった近江・山田や浦和学院・宮城、市和歌山・米田の評価が急上昇!<SLUGGER>
大阪桐蔭の4年ぶり4度目の優勝で幕を閉じた今年のセンバツ高校野球。ドラフト候補という意味では目玉と言われるような逸材は不在だったが、それでもプロのスカウトを唸らせた選手は確かに存在していた。 ここでは、センバツで評価を上げたドラフト候補について、投手、野手それぞれ5人ずつピックアップして紹介したいと...
別窓で開く

「京都国際さんの思いを背負って」??代替出場から“執念の勝利”を収めた近江。今大会のさらなる躍進を占うカギは?
いつも以上に深々と頭を下げる近江・多賀章仁監督の姿がとても印象的だった。 校歌を歌い終えた後のアルプススタンドに挨拶をしたときの一幕だ。 おおよそのチームは敗れた時に、それまでの応援に感謝を込めて挨拶するものだが、この日の近江は勝者でありながら、この場にいることの重大さを感じているかのようだった。...
別窓で開く


<前へ12次へ>