本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



東京五輪金メンバー14人が無念の“落選”!田中将大は侍ジャパン立候補も叶わず。柳田悠岐、坂本勇人らは辞退
今年3月に開幕の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表30人が、1月26日に正式発表された。だが、東京五輪で金メダル獲得に貢献するも、今回メンバーから漏れた選手は、14名いる。...
別窓で開く

藤浪晋太郎が「世界最高の選手」と称えたのは? 入団会見で「勝負したい」と大谷翔平&鈴木誠也に“闘志”を燃やす!
阪神からポスティングシステムを利用してオークランド・アスレティックスと1年325万ドル(約4億2000万円)で契約した藤浪晋太郎が、現地1月17日入団会見を行なった。冒頭では「皆さん初めまして。藤浪晋太郎です。富士山のように“フジ”と呼んでください」などと流暢な英語で挨拶した...
別窓で開く

バファローズが悲願の日本一、佐々木朗希の完全試合、そして村上の56本塁打&三冠王……【SLUGGER編集部が選ぶ2022年プロ野球10大ニュース】<SLUGGER>
2022年のNPBでは、さまざまな話題や出来事が生まれた。SLUGGER編集部が独断と偏見で選んだ「プロ野球10大ニュース」を紹介しよう。●10位秋山翔吾が広島で日本復帰 2020年からMLBでプレーしていた秋山だが、今季はメジャーでの出場がないまま6月にパドレスから戦力外通告されて帰国を決断。...
別窓で開く

OPSは驚異の1.168!史上最年少三冠王・村上が圧巻の4部門制覇【表彰されざる男たち:セ・リーグ野手編】<SLUGGER>
個人タイトルの対象ではなくとも、選手個人の凄みが詰まった部門のベスト3を紹介する。今回はセ・リーグ野手編だ。(※率系部門は規定打席以上の27人を対象)■OPS(出塁率+長打率)1.村上宗隆(ヤクルト) 1.1682.牧秀悟(DeNA) .8613.丸佳浩(巨人) .859 史上最年少で三冠王に輝いた...
別窓で開く

2戦連続で裏目に出たマクガフの投入と、一変した“5番の差”——。手詰まりで王手をかけられたヤクルトに策は?<SLUGGER>
8回裏のヤクルトの攻撃中。一塁側ブルペンで投球練習をする背番号「37」を見て、首を傾げた。 僅差とはいえビハインドの試合展開。 ここで前の試合で黒星がついたばかりのクローザー、スコット・マクガフを投入するとは無謀ではないかと思えたのだ。 もちろん、高津臣吾監督の意図は理解できる。0対1の状態のまま9...
別窓で開く

「リリーバーの脅威!」王手のオリックスの投手力に黒田博樹も唸る! ヤクルト打線の零封に脱帽「完全に封じ込めていた」
オリックスが26年ぶり日本一に王手をかけた。 10月29日に神宮球場で行なわれたSMBC日本シリーズ2022の第6戦でヤクルトと対戦したオリックスは3-0で3勝目を飾った。 2勝2敗1分けで迎えたこの試合は、序盤から手に汗握る投手戦となる。ヤクルトの先発右腕・小川泰弘とオリックスの先発左腕・山﨑福也...
別窓で開く

「ナカジマジック炸裂」“継投策”がはまったオリックスが完封勝ち!「痺れる」投手戦も1対0でヤクルトを下す
10月26日に京セラドーム大阪で行なわれた、プロ野球の日本シリーズ・オリックス対ヤクルトの第4戦は、オリックスが1対0で今シリーズ初勝利を収めた。 2敗1分けでこの日を迎えたオリックスは、中嶋聡監督の継投策がはまった。5回1死の場面で先発の山岡泰輔が塩見泰隆にセンターフェンス直撃の三塁打を浴びると、...
別窓で開く

強みのピッチングスタッフでようやく挙げた1勝。オリックスはシリーズの流れを変えられるか<SLUGGER>
ヒット数は相手を下回る3安打のみ。  それでも、杉本裕太郎の適時打で奪った虎の子の1点を守り切り、オリックスがシリーズの初勝利を挙げた。 薄氷の勝利にオリックス・中嶋聡監督は言葉に力を込めた。「本当に苦しいですよね。連敗と言いますか、一つも勝っていない中でしたからね。お互い、走者は出すんですけど、得...
別窓で開く

打つべき球を打てなかったオリックスと、早いカウントを制したヤクルト。山田の3ランに見る両軍のアプローチの差<SLUGGER>
両サウスポーによる投手戦の様相に変化が生まれたのは、4回裏からのことだった。 オリックスは宮城大弥、ヤクルトは高橋奎二。両先発による一歩も引かない投げ合い。どちらが先に根を上げるのかが見えてこない、そんな投手戦だった。 2人のピッチングが良かったのは、投手優位なカウントに持っていくのがうまかったこと...
別窓で開く

延長12回両者譲らず3-3引き分け! ヤクルトは驚異の粘り!! 内山壮真が9回起死回生の代打同点3ラン【日本シリーズ第2戦】
プロ野球の日本シリーズ第2戦、東京ヤクルトスワローズ対オリックス・バファローズの一戦は10月23日、神宮球場で行なわれ、両者譲らず3対3の引き分けに終わった。対戦成績はヤクルトの1勝1分けとなった。【動画】内山壮真が起死回生の3ラン! ヤクルトが土壇場で追いつく 試合はオリックスの先発・山崎福也とヤ...
別窓で開く



<前へ12345次へ>