本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「PARCO劇場開場50周年記念シリーズ」開幕 立川志の輔、三谷幸喜ら参加アーティストのコメントが到着
今年開場50周年を迎えるPARCO劇場の企画「劇場開場50周年記念シリーズ」が開幕し、参加アーティストよりコメントが到着した。PARCO劇場は、1973年5月23日渋谷PARCO開業(6月)に先んじて西武劇場という名称で開場。その後、1976年にPARCO西武劇場、1985年にPARCO劇場へと改称...
別窓で開く

『笑点』待望の新メンバーは誰だ!? 初の女流落語家も候補に挙がる予想合戦の最有力は?
春風亭昇太が、1日放送の『笑点』(日本テレビ系)で、三遊亭円楽さんに代わる新メンバーについて語ったことが話題になり、予想合戦が早くも始まっている。番組エンディング、昇太が「そろそろお別れの時間となりました。ここでですね、番組のほうから視聴者の皆さんに発表がございます。...
別窓で開く

有楽町に新劇場「I’M A SHOW」オープン 初日『志の輔らくご』は満員御礼
12月1日(木) 有楽町マリオン別館7Fに新劇場「music&theater I'M A SHOW TOKYO、YURAKUCHO」(日本語表記:アイマショウ)がオープンした。同劇場は、「アミューズメントシティ有楽町に、これまでにないライブエンターテインメントシアターを!」をコンセプトに、多彩な人々...
別窓で開く

さかなクン「うぁぁぁ〜!? なに、この生き物!」 衝撃の“お魚人生の始まり”を明かす
大好きなお魚を探究し、その魅力を発信することでお魚とも人ともつながる。そんなさかなクンに聞いた、いまの時代を楽しく泳ぐ“ギョミュニケーション”術!お魚に出会ってギョギョギョな人生が幕を開けた。「好き」を極めて、みんなとつながる。それを体現しているのが、みんなのお魚博士・さかなクン。海の生き物への愛と...
別窓で開く

三遊亭とむ 落語の覚え方は「1日1ページ」
黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(6月2日放送)に落語家の三遊亭とむが出演。二ツ目昇進から現在について語った。三遊亭とむ黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。5月30日(月)〜6月3日(金)のゲストは落語家の三遊亭とむ。...
別窓で開く

中井貴一、「カツラが…」撮影で起こった初めての経験とは?
中井貴一さん企画・主演の映画『大河への道』が公開初日を迎えました。立川志の輔さんの新作落語が原作のこの映画は、初の日本地図を完成させたのは伊能忠敬じゃなかった?常識を覆す歴史発見エンタテイメントです。撮影はスケジュールがギリギリで、台風の日にも行ったそうです。...
別窓で開く

『大河への道』中井貴一主演、初の日本地図に隠された真実とは
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1058回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。今回は、5月20日に公開された『大河への道』と『ハケンアニメ!』をご紹介しま...
別窓で開く

「贅沢でなくても...」意外と堅実? 真栄田郷敦が語った「将来の目標」
 5月16日発売「AERA(アエラ) 5月23日号」(朝日新聞出版)の表紙は、NHKのドラマ「カナカナ」で地上波の連ドラ初主演を務める眞栄田郷敦さん。デビューして3年、さまざまな人や作品との出会いや、俳優としての意識の変化や目標を語った。 高校生まで音楽一筋、父(千葉真一)や兄(新田真剣佑)の出演作...
別窓で開く

中井貴一&松山ケンイチ、「子ども同士がじゃれてるみたい」
中井貴一さん主演の映画『大河への道』の先行プレミア上映イベントが行われ、中井さんと松山ケンイチさん、北川景子さんらが登壇しました。この映画は、立川志の輔さんの新作落語が原作。伊能忠敬は日本地図を完成させていなかった…?歴史の裏に隠された秘密を描いた物語です。...
別窓で開く

ビートたけし、坂上忍…立川志の輔は憤慨!?「リストラ大御所」のその後と「コケすぎ」後続番組
 大物のリストラが相次いだ、春の番組改編。特に大きな話題となったのは、坂上忍(54)が8年間、MCを務めたフジテレビ系『バイキングMORE』の終了だ。「坂上には動物保護ハウスの運営に力を注ぎたいという思いがあり、番組は終了となりました。...
別窓で開く


<前へ12次へ>