本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「100億円集めて…」世界注目の美術家・長坂真護が“廃棄物アート”をつくる衝撃の理由
上野の森美術館で、『長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや』が開催中です。廃棄物を使ってアートをつくる美術家、長坂真護(ながさかまご)さん。...
別窓で開く

ペアリングを楽しめるレシピ募集中!香川県酒造組合 「美味しい料理とさぬきオリーブ酵母清酒で乾杯!」
香川県酒造組合が、さぬきオリーブ酵母清酒のおいしさを広めるプロジェクト「美味しい料理とさぬきオリーブ酵母清酒で乾杯!」を実施中!さぬきオリーブ酵母清酒に合うおいしいレシピや、さぬきオリーブ酵母清酒が買える・飲める登録店を募集しています。...
別窓で開く

しましまフェリー鬼ヶ島行き 島民専用高速ICを通るバス… 「瀬戸芸」の乗り物が楽しすぎる!
多くの現代美術作品を楽しめる「瀬戸芸」こと瀬戸内国際芸術祭の会場は、瀬戸内の離島に分散されています。この会場を結ぶ船やバスなど、数々の“乗りもの”は、なかなか個性的です。3年に1回開催!“瀬戸芸“を彩る“乗りもの“大集合! 瀬戸内海に浮かぶ12の島、2つの港を舞台として3年おきに開催される“瀬戸芸”...
別窓で開く

「うどん持ち込み禁止」です 香川結ぶフェリー客室の「禁麺マーク」話題...運航会社に聞く掲示理由
うどんの持ち込みを禁じる「禁麺」マークにSNS上で大きな注目が集まっている。話題になったのは、ジャンボフェリー(神戸市)が32年ぶりに用意した新船「あおい」の客室案内で用いられたピクトグラム。船内すべての客室でうどんの持ち込みを禁じている。J-CASTニュースの取材に対し、担当者は「うどんが嫌いなわ...
別窓で開く

『令和の“応演歌”』水森かおり〜ご当地ソングでたくさんの心の故郷ができました(後編)
水森かおり (C)週刊実話Web——前編ではデビューからNHK『紅白歌合戦』の常連組になるまでのお話を伺いました。ご当地ソングの女王と呼ばれているのにふさわしく、今年2月にはシングル『九十九里浜』を、9月21日にはアルバム『歌謡紀行21〜九十九里浜〜』を発売しました。...
別窓で開く

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。...
別窓で開く

ジャンボフェリー新船「あおい」9月末竣工 運航前に入港式と引渡式を実施
船体は「こんぴら2」の約1.4倍!運航開始は10月22日 神戸〜小豆島〜高松間を結ぶ新船として、「あおい」が2022年10月22日(土)に運航を開始します。「あおい」は9月30日(金)に竣工予定で、同日には入港式、引渡式が実施されます。「あおい」はジャンボフェリーが運航。既存の「こんぴら2」の代替船...
別窓で開く

田中美奈子、キャンピングカーで旅行中の親子ショットを公開「家族を連れて来たかった」
女優の田中美奈子が17日に自身のアメブロを更新。キャンピングカーで旅行中の親子ショットを公開した。8月22日のブログで、キャンピングカーで四国を周る旅行に出かけたことを報告していた田中は、この日「フェリーに乗って穏やかな瀬戸内海を渡り今度は小豆島へ」と説明。「小豆島には撮影で2度訪れ、のんびりした時...
別窓で開く

「宇高連絡船」34年ぶり復活に地元が沸いたワケ 急行「鷲羽」と接続 蘇った特別な航路
本州と四国を結んだ鉄道連絡船「宇高連絡船」が、接続列車の急行「鷲羽」とともに、34年ぶりの復活を果たしました。500名分のチケットは完売し、地元からも幅広い世代の人々が集結。連絡船がいかに特別な存在だったか、再認識されました。...
別窓で開く

 厚生労働省は、雇用機会が不足している地域や過疎化が進んでいる地域などが、地域の特性を生かして「魅力ある雇用」や「それを担う人材」の維持・確保を図るために創意工夫する取組に対して支援を行っている。この「地域雇用活性化推進事業」(令和4年度開始分)での採択地域に、10地域を決定した。...
別窓で開く


[ 小豆島 ] の関連キーワード

宇高連絡船 ジャンボ かおり あおい 鬼ヶ島
美奈子

<前へ1234567次へ>