本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ストーブリーグ開幕!! 巨人軍覇権奪還を目指すための新戦力の鍵は“野手”にあり!
■Bクラスに終わった今シーズン、補強なしは“論外”に近い今シーズン、Bクラスとなる4位に終わった巨人。来シーズンはAクラス入りという低い目標ではなく、優勝しか許されない状況のため、補強は必須条件だろう。特に野手に関しては高齢化が目立つ。...
別窓で開く

ドラフトのクジ運は「当たり外れ」だけじゃ分からない。競合数も加味して12球団の「くじ引き」を採点してみた<SLUGGER>
ドラフトにおいてくじ運がいい、あるいは悪いと言われる球団がある。実際のところはどうなのか。各チームのくじ運を分かりやすく可視化するべく、現行制度が始まった2008年以降のドラフトを調べてみた。...
別窓で開く

絶対に忘れない…スワローズの“三柱”内川、坂口、嶋がチームに遺してくれたもの
 2022年10月3日。神宮球場で行われた横浜DeNAベイスターズとのシーズン最終戦。 内川聖一、坂口智隆、嶋基宏という、プロ野球界をそれぞれのスタンスで長年引っ張ってきた素晴らしい選手達が現役生活に幕を下ろしたこの試合。 スワローズ史上最強の4番、村上宗隆がシーズン最終打席で放った歴代日本人最多の...
別窓で開く

CSで復活宣言! ヤクルト村上・オリックス杉本、両主砲が心に秘めた「それぞれの誓い」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、10月13日、クライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージで決勝アーチを放った、東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手と、オリックスバファローズ・杉本裕太郎選手にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

ソフトB・藤本監督、CS後コメントに批判「責任転嫁するな」 大関への酷評が物議、起用方針のブレも投球に悪影響か
12日に行われ、ソフトバンクが「3-4」で敗れたクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージのオリックス戦。ソフトバンクのプロ3年目・24歳の大関友久に対する藤本博史監督のコメントがネット上で物議を醸している。 大関はこの日3回裏途中から2番手として登板したが、3イニング目の5回裏1死二塁でオ...
別窓で開く

円安、インフレ傾向が鮮明化する中、日本企業における経営者の役員報酬にはどのような変化が表れているのか。東洋経済が9月12日に発売した『役員四季報2023年版』には上場3860社、4万0319人に及ぶ企業役員の最新人事データを収録。本稿では、その中から年1億円以上の役員報酬を得ている上場企業役員トップ...
別窓で開く

FA“超目玉”の西武・森友哉を獲得すべき球団はここだ! ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説
今オフのFAで目玉の一人となりそうなのが、西武の森友哉である。2019年には首位打者を獲得するなど、捕手としては破格の打力の持ち主で、まだ27歳とFA選手としては異例の若さでもある。 仮に森がFAを宣言した場合に、獲得すべき球団、最もフィットする球団はどこか。ポジション、攻撃力(強化の必要性)、資金...
別窓で開く

阪神タイガース・藤浪晋太郎がポスティングで「メジャー挑戦」報道、“二刀流”ライバル・大谷翔平は「投手より打者」向けていたプライド
藤浪晋太郎(公式インスタグラムより)、大谷翔平 メジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手(以下、敬称略)が、前人未到の偉業を成し遂げようとしている。すでにクリアしている規定打席数に加えて、投手としての規定投球回数まで残り9イニング(9月28日時点)に迫ったのだ。...
別窓で開く

〝村神様〟に続いてブレイクなるか。期待の若きスラッガー6人をチェック!!
ひとりの打者の存在感をこれほど実感するシーズンはそうないだろう。令和初の三冠王へとひた走る村上宗隆(ヤクルト)のことだ。9月19日まで(以下同)に放った55本塁打は日本人最多タイ記録。リーグ2位の岡本和真(巨人/28本)と3位の丸佳浩(巨人/27本)の本数を足して村上に並ぶという圧倒的な数字を残して...
別窓で開く

追悼・宮沢章夫さん がらんどうのように眺めた日本ハム・上沢直之の完投
 劇作家の宮沢章夫さんが亡くなったのだ。僕はぜんぜん知らなくて遊園地再生事業団(一応、劇団名なんだと思う)のツイートで衝撃を受けた。「かねてより入院療養中だった宮沢章夫が、9月12日、うっ血性心不全のため都内の病院で永眠いたしました。65歳でした。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます...
別窓で開く


[ 慎太郎 ソフトバンク ] の関連キーワード

slugger 阪神タイガース オリックス ヤクルト 日本ハム
巨人軍

<前へ1234次へ>