本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



北朝鮮は「米韓空中訓練を本気で恐れている」、専門家が危惧する最悪の場合(モーニングショー)
けさ3日(2022年11月)の8時前に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、「モーニングショー」はJアラートが発出される中で始まった。司会の羽鳥慎一が防衛省や海上保安庁、ソウル支局からの情報を刻々と伝え、北朝鮮の意図を探った。...
別窓で開く

北朝鮮ミサイル発射 羽鳥慎一「ちょっと頻繁ですよね」
4日(2022年10月)午前7時22分、北朝鮮が東の方向へ弾道ミサイルを発射した。ミサイルは東北地方上空を通過し、7時44分に日本からおよそ3000キロのEEZ(排他的経済水域)外の太平洋に落下したとみられている。事態を受け、岸田総理は北朝鮮を強く非難するとともに関係国との連携を指示。...
別窓で開く

右翼・民族派が旧統一教会をぶった斬る!「反日カルト教団を許すな」(2)国辱の教義を内部告発
 政治の世界でも同様の役目を果たしたのが統一教会だった。「当時、自民党が大きな集会を開くなど動員をかける必要がある時には、生長の家で500人、神道連盟で500人、そして勝共連合で500人といった具合にあうんの呼吸で集められていた。...
別窓で開く

元沖縄県副知事が語る沖縄の「本土復帰50年」
元沖縄県副知事・上原良幸氏が5月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。沖縄の「本土復帰50年」について語った。2022年5月15日、式辞を述べる岸田総理〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actio...
別窓で開く

北朝鮮、列車からミサイル発射の驚愕! 専門家が「発見も迎撃も困難」とする理由
北朝鮮の国営テレビ「朝鮮中央テレビ」がきのう16日(2021年9月)、弾道ミサイルの発射実験の映像を公開した。山林を走る貨物列車が停車すると、兵士たちが次々と降りていく。続いて貨物列車の屋根がゆっくりと開き、緑色のミサイルが現れ、白煙と共にミサイルが発射された。このシーンの撮影にはドローンを含め5台...
別窓で開く

アマチュアではW杯予選を勝ち抜けない…プロ化を促した85年日韓戦、敗北の真相【名勝負の後日談】
 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)——◆——◆—— 国立競技場の光景が、約7か月前とは一変していた。当時満員を意味する6万2000人の大観衆がスタンドで日の丸を振っている。...
別窓で開く


<前へ1次へ>