本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



巨人は中田翔と増井の“元大物トレード”を狙うべし?躍進中の阪神が獲得すべきは?——2022プロ野球トレード試案<SLUGGER>
NPBのトレード期限が7月31日に迫っている。今季はここまで大きな動きがないが、過去2年はトレードで戦力アップを図ったチームが多かった。果たしてここからどんな動きが考えられるのか、3つの“トレード試案”をお送りする。▼陽川尚将(阪神)⇔田中和基(楽天) 一時は自力優...
別窓で開く

【2000〜15ドラフト総検証:第4回】00年以降のドラフト総決算! 最も“評価”を高めたのはどの球団?<SLUGGER>
第4回は「2000〜15年ドラフト球団別総決算」がテーマ。期間中のドラフトで指名した選手の全通算プレーヤーズ・バリュー(PV)の合計を高い順に並べ、各チームがどれだけ成功を収めたかを総ざらいする。 なお、第1回で述べたように、あくまでPVはリーグ平均の選手と比較した数字だ。マイナスだからといって、必...
別窓で開く

最下位から躍進した2球団、日本ハム主砲の不祥事に新人大豊作——2021年プロ野球5大ニュース!<SLUGGER>
2021年もプロ野球は盛りだくさんの話題で我々を楽しませてくれた。今年も残り僅かとなった今、改めて今季のプロ野球5大ニュースを振り返ろう。1位:前年最下位の2球団がリーグ制覇 11月20日から行なわれた日本シリーズで対決したのは、ヤクルトとオリックス。両軍の顔合わせは26年ぶり3度目だったが、同時に...
別窓で開く

吉田正尚はさすがのクオリティ。本塁打王の“ラオウ”は意外な部門でもNo.1に【表彰されざる男たち:パ・リーグ野手編】
個人タイトルの対象ではなくとも、プロの凄みが詰まった部門のベスト3を紹介していこう。今回はパ・リーグ野手編だ。(※率系部門は規定打席到達者29人が対象)■OPS(出塁率+長打率)1.吉田正尚(オリックス) .9922.杉本裕太郎(オリックス) .9313.柳田悠岐(ソフトバンク) .929 総合的に...
別窓で開く

【セ・リーグ6球団通信簿】20年ぶりヤクルトはもちろん最高評価。2位阪神、V3逸の巨人は?<SLUGGER>
ヤクルトの5年ぶりの優勝で幕を閉じた2021年のセ・リーグ。開幕前の戦力予想や実際の戦いぶりを踏まえて、全6球団の今季を通信簿形式で査定していこう。※A=よくできました、B=まずまずです、C=可もなく不可もなく、D=がんばりましょう、E=ガッカリです【PHOTO】球場を盛り上げるスワローズ・ダンスチ...
別窓で開く

有識者ARAのドラフト通信簿:日本ハムとロッテは高評価! 課題を残した巨人と中日には不安が<SLUGGER>
今年のドラフトは投手の人材が豊富と言われ、逆に希少性の高まった野手が2巡目までに10人も指名された。そのため、今回は「野手を早々に確保したうえで、チームの補強ポイントを満たす投手を確保できたか」をポイントとして評価した。順に見ていこう。...
別窓で開く

【2021展望:日本ハム】耐久性に不安を抱える杉浦は新クローザーとして機能するか。守備の立て直しも急務〈SLUGGER〉
いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。頂点を目指す12球団それぞれの浮沈を左右するキーポイントとは一体どこなのか。注目選手も含め、球団ごとに見ていこう。【2020年成績】勝敗:53勝62敗5分(5位)得点:493(3位)失点:528(5位)得失点差:−35(4位)【展望】2016年に日本一に輝いた...
別窓で開く

【セ6球団・開幕ローテ予想】最注目は完全復活を目指す藤浪。菅野は球団タイ7度目の大役へ<SLUGGER>
いよいよ3月26日の開幕を迎える2021年のプロ野球。各球団の開幕ローテーションはどのような陣容になるのか。セ・リーグ6球団の最新事情を確認しておこう。●巨人1 菅野智之2 戸郷翔征3 今村信貴4 サンチェス5 井納翔一6 畠世周? メジャー行きを封印した昨年のMVP・菅野は、オープン戦でも貫禄の投...
別窓で開く

【センバツ出場校OBチェック】近畿編:大阪桐蔭は今大会出場校最多の20人を輩出。智弁学園や市立和歌山は数こそ少ないが粒ぞろい
3月19日から、第93回選抜高校野球大会が開幕する。今大会出場校のOBで、現在もプロ野球界で活躍する選手たちを紹介していこう。今回は近畿ブロックから出場する6校だ。▼智弁学園高(奈良/2年連続14度目)岡本和真(巨人)/廣岡大志(巨人)/村上頌樹(阪神) 近年になって勢いを増し、2010年代のセンバ...
別窓で開く

【センバツ出場校OBチェック】北海道&東北編:現役OBの大半が西武に在籍する北海高。仙台育英は15年夏に平沢、郡司らを擁して決勝へ進出
3月19日から、第93回選抜高校野球大会が開幕する。今大会出場校のOBで、現在もプロ野球界で活躍する選手たちを紹介していこう。今回は北海道・東北ブロックから出場する3校だ。▼北海高(北海道/10年ぶり13度目)鍵谷陽平(巨人)/川越誠司(西武)/戸川大輔(西武)/佐藤龍世(西武)/阪口皓亮(DeNA...
別窓で開く


<前へ12次へ>