本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「修学旅行のお土産“七福神”を燃やされ…」創価学会2世の証言 長井秀和も学会からの抗議書に徹底反論
 国会では救済新法成立に向け、与野党の攻防が佳境を迎えている。公明党が暗躍する中、本誌(「週刊新潮」)に掲載した元信者・長井秀和氏(52)のインタビューが創価学会の逆鱗に触れた。抗議書で事実無根と主張するが、透けて見えてきたのは、かの教団との共通点で——。 ***「いかにも創価学会のやりそうなことで...
別窓で開く

旧統一教会問題をめぐる「救済法案の成立」における与野党「3つの思惑」
ジャーナリストの鈴木哲夫が12月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。旧統一教会の問題をめぐる被害者救済法案について解説した。...
別窓で開く

岸田文雄総理「旧統一教会解散」で自民党がぶっ壊れる(3)近いうちにガサ入れがある
「質問権」行使に対し、教団側の動きも活発化している。20日の会見で、勅使河原秀行教会改革推進本部長は、「教区長の3分の1を2世に切り替える」と17人の2世信者を壇上にそろえて改革をアピール。さらには、元妻による高額献金が原因で家庭が崩壊、長男が焼身自殺したと訴える男性に対して、元妻へのインタビュー映...
別窓で開く

返金ラッシュと信者離れで旧統一教会「80億円資金枯渇」の断末魔が聞こえるッ!(1)合同窓口に相談3000件
 まさに旧統一教会が崖っぷちだ! 自民党から「今後は一切の関係を断つ」と決別され、全国霊感商法対策弁護士連絡会は「解散命令」を突きつけた。布教活動もままならず、金ヅルにしてきた信者から返金要求が相次ぐ始末。四面楚歌となった教団内部からは資金枯渇の断末魔が‥‥。...
別窓で開く

旧統一教会の会見手法に「ここまでやる?」 「スッキリ」が伝えた反応
旧統一教会の勅使河原秀行・教会改革推進本部長がきのう20日(2022年10月)、記者会見を行った。2世信者をズラリと登場させて「教区長に抜擢する」とアピールしたり、教団側が自民党議員に推薦確認書への署名を求めていたことについてコメントしたりと盛りだくさんの会見だった。そのなかで、きょうの「スッキリ」...
別窓で開く

旧統一教会幹部が「メディアに出てほしくない」 「元妻が信者」男性の恐怖体験に堤伸輔「教団の体質そのもの」
今日18日(2022年10月)の「モーニングショー」は、昨日に続いて旧統一教会問題を大きく取り上げた。17日、岸田総理は「私が責任を持って解決する」と国会答弁。永岡文科大臣に対し、質問権を行使して調査をするよう指示を出した。岸田総理は結論の時期について明言を避けたが、永岡大臣は手続き途中でも解散命令...
別窓で開く

旧統一教会の被害者救済法案は「与党攻撃のツールに過ぎない、成立しない法案」辛坊治郎が立民・維新の共同提出の思惑を指摘
キャスターの辛坊治郎が10月13日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。立憲民主党と日本維新の会が、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者らを救済する法案を国会に共同提出しようとしていることについて、「成立しない法案であり、与党攻撃のツールに過ぎ...
別窓で開く

大谷翔平が不振に喘いでいる。初めてシーズンを通して二刀流でフルに活躍してきた疲労が蓄積されているのだろう。TIMEマガジンの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたように、ベーブ・ルースを超えた存在は、「世界的にファンを増やし、野球に引き付けた」(エンゼルスのマドン監督=スポニチ9月17日付)。...
別窓で開く


<前へ1次へ>