本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トマトホットソースの程よい辛さがポイント!バーガーキング「ワッパー チーズ“ウィンター・アラビアータ”」
バーガーキングから、「ワッパー チーズ“ウィンター・アラビアータ”」が期間限定で登場。...
別窓で開く

“異色のキャリア”のヴェラアズール。渡辺薫彦調教師が下した英断が大舞台で花開く【ジャパンカップ】
27日、42回目を迎えるジャパンカップ(GⅠ、東京・芝2400m)が東京競馬場で行なわれ、単勝3番人気に推されたヴェラアズール(牡5歳/栗東・渡辺薫彦厩舎)が、1番人気のシャフリヤール(牡4歳/栗東・藤原英昭厩舎)を差し切って優勝。GⅠ初挑戦・初制覇という快挙を成し遂げた。...
別窓で開く

9000万円の高額当選も果たしたじゃいのお金の使い道は?【じゃいの人生は最高のギャンブルだ】第30回
あらゆるギャンブルに精通し、どんな場面でも貪欲に勝ちを狙う男・じゃい。馬券でマンションを買ったという芸能界屈指のギャンブラーが、人生を勝ち抜く極意を教えます。【今週のお悩み・第30回】9000万円の高額当選おめでとうございます。もし自分がそんな大金を手にしたら、どう使おうのか考えてしまいました。...
別窓で開く

◆ジャパンカップは日本馬が16連勝中 今週末はジャパンカップ。4億円の賞金をかけて今年は4頭の外国馬が出走を予定しています。 1981年に創設されると、その初年度はアメリカの牝馬メアジードーツがコースレコードで快勝。第2回、第3回も外国馬が連勝を収め、当時の競馬ファンは、外国馬とのレベルの違いに大き...
別窓で開く

ジャパンCで注目の外国馬を血統で分析。ドイツの「超大物候補」とフランスの「世界的良血馬」に激走の予感
 11月27日、東京競馬場で3歳以上によるGⅠジャパンC(芝2400m)が行なわれる。1996年にジャパンCを制したアイルランドのシングスピール。今年も外国馬が勝利するか 今回は4頭の外国馬が出走予定するが、4頭以上の外国馬が出走するのは2017年以来5年ぶり。4頭のうち3頭が3歳馬というフレッシュ...
別窓で開く

水森太陽の読めばガッポリ“ウハウハ”占い「強運数字でジャパンカップを攻略」
 この1週間は木星の動きに注目です。これまで逆行のサイクルにあった木星が、11月24日から順行に入ります。これは物事が正しい方向へと動き出すサイン。この切り替えで、木星が一時停滞するため、週の前半は暗いニュースが舞い込むかもしれません。心を落ち着けて社会の大きな変化に備えておきましょう。 22日には...
別窓で開く

堤礼実アナがかつてないほどの衝撃を受けた一戦を振り返る。「私の競馬観戦史上、最高のレース」
堤 礼実連載:『華麗なるウマ話』第43回スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。今回は、大いに盛り上がっている秋のGIシリーズにあって、競馬史に残るような衝撃的なレースとなった天皇賞・秋について振り返ってもらった——。...
別窓で開く

アルゼンチン共和国杯は東京で連対率9割の「コース巧者」に期待。オルフェーヴル産駒の末脚にも注目
 11月6日、東京競馬場で3歳以上によるGⅡアルゼンチン共和国杯(芝2500m)が行なわれる。東京競馬場で好成績を残しているハーツイストワール ハンデ戦のこのレースは近年こそ大波乱は少ないものの、2020年は3番人気→6番人気→9番人気の決着で3連単20万2520円の高配当。...
別窓で開く

「北島三郎」の愛馬「キタサンブラック」の「か弱い息子」がG1初制覇 見えてきた“ディープ超え”の可能性
 10月30日(日)に行われたG1・天皇賞(秋)(東京競馬場芝2000メートル)。伝統の一戦を制したのは、今年のダービー2着馬・イクイノックス(3歳牡馬)だった。この馬の父は、あの演歌歌手・北島三郎が持っていた名馬「キタサンブラック」。今回の勝利が、キタサンブラック産駒として初めてのG1制覇となり、...
別窓で開く

【名馬列伝】JRA不世出の牝馬ウオッカ。“最高傑作”を生んだカントリー牧場の系譜<前編>
東京競馬場でのGⅠ開催のとき、筆者にはいつもとるルーティンがある。1レース前からスタンド3階か4階のスタンドに席を確保して、パドックを周回するメインレースの出走馬をじっくりと観察する。馬がパドックから出て行ったら小走りでコース側へと向かい、さらに返し馬の様子を眺めてから、3階の取材スペースへ行って、...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>