本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本アカデミー賞は茶番?『ラーゲリより愛を込めて』が作品賞を逃したワケ
二宮和也 画/彩賀ゆう (C)まいじつ『嵐』二宮和也が主演の映画『ラーゲリより愛を込めて』。映画ファンから絶賛されていた同作だが、1月23日に発表された『第46回日本アカデミー賞』の作品賞にはなぜか選ばれず、不信感を募らせる人が続出している。...
別窓で開く

<芸能プロダクション2023年イチオシ新人>『ハマる男に蹴りたい女』に出演中の18歳・吉名莉瑠、将来の夢は「絶対に日本アカデミー賞を取ることです!」
2023年1月期ドラマが続々とスタートし、様々な作品でこれからのエンタメ界を担うであろうネクストブレイクが起用されている中、新人開発に積極的な芸能プロダクション各社が今年プッシュする注目の新人を紹介。...
別窓で開く

2000年以降の絶対に読むへ?き漫画『アンダーカレント』 今泉力哉監督で映画化、2023年秋に公開決定
©︎豊田徹也/講談社 ©︎2023「アンダーカレント」製作委員会世界的に評価の高い漫画『アンダーカレント』を、今泉力哉監督が実写映画化。2023年秋の公開が決定した。...
別窓で開く

松田龍平・松田翔太・藤原季節・清水尋也らが所属する「オフィス作」がワークショップオーディションを開催
松田龍平・松田翔太・藤原季節・清水尋也らが所属する「オフィス作」が、次世代のスター発掘を目的に、5年半ぶりに同社所属をかけたワークショップオーディションを開催。参加者を募集中だ。 ワークショップは2023年3月31日(金)、4月1日(土)、2日(日)の3日間開催。ワークショップ全日程終了後、将来有望...
別窓で開く

アジアのアカデミー賞「第16回アジア・フィルム・アワード」日本の5作品が14部門にノミネート
アジア全域版アカデミー賞「第16回アジア・フィルム・アワード」(AFA)の各ノミネーションが、6日に発表された。日本からは作品賞、監督賞、脚本賞等8部門の候補として濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が選出されたほか、カンヌ映画祭で話題になった『PLAN75』の早川千絵監督が新人監督賞、倍賞千恵子...
別窓で開く

井上麻里奈、増田俊樹ら参加の吹替版も 映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』配信&Blu-ray・DVDリリース決定
映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』のダウンロード販売が、2月8日(水) にスタートすることが決定。併せてデジタルレンタルと、Blu-ray・DVDのセル&レンタルが3月3日(金) に開始されることが発表された。『ドント・ウォーリー・ダーリン』は、映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』...
別窓で開く

八雲ふみね厳選! 2023年公開映画特集
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1095回】新年あけましておめでとうございます。2023年の干支(えと)は卯。皆さまにとって、飛び跳ねたくなるような楽しい出来事にたくさん出会える1年となりますように。本年もニッポン放送 NEWS ONLINE「Tokyo cinema...
別窓で開く

2022年、映画業界を数字で振り返る
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1094回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。2022年も残すところ、あと数時間。今年も洋画・邦画を問わず、数々の話題作が...
別窓で開く

哀悼 あき竹城さん  屈託ない笑顔と山形弁が印象的な名脇役
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1092回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。12月20日、女優・あき竹城さんが12月15日に死去していたことが発表されま...
別窓で開く

鈴木亮平×宮沢氷魚、愛に満ちた2人の姿 『エゴイスト』予告&本ビジュアル解禁
第35回東京国際映画祭コンペティション部門に選出された鈴木亮平主演映画『エゴイスト』より、鈴木演じる主人公とその恋人(宮沢水魚)の愛に満ちた予告と本ビジュアルが解禁された。 本作は、愛と毒のある切り口で数々のコラムを世に送り出してきた高山真の自伝的小説「エゴイスト」の映画化。...
別窓で開く


[ 東京国際映画祭 ] の関連キーワード

あき竹城 アワード blu アジア dvd
麻里奈

<前へ1234567次へ>