本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界平和統一家庭連合(以下、統一教会)をめぐる被害者救済新法は2022年12月の臨時国会で成立し、2023年1月5日に施行された。安倍晋三元首相を銃撃する事件を起こした山上徹也容疑者が統一教会の「宗教2世」だったことから同教団の被害が浮き彫りになり、救済新法に結びついた。しかし宗教2世問題は、統一教...
別窓で開く

神田うの"安倍晋三国際空港"提案で炎上で《杉田水脈の代わりに立候補?》など憶測広がる
(神田うのは「桜を見る会」にも何度か参加(2017年)/(C)日刊ゲンダイ) タレントの神田うの(47)が7日に自身のインスタグラムで投稿した"提案"が賛否論争を巻き起こしている。...
別窓で開く

「自民推薦」を嫌がる候補者が各地で急増中! 注目の4月統一地方選で岸田政権に迫る「歴史的大敗」の足音
各報道機関の調査で支持率30%前後の低空飛行を続けている岸田文雄政権。今年は挽回できるのか2025年まで国政選挙がなく、2024年秋の自民党総裁選まで政権の座は安泰、と余裕ぶっこいてはいられない。防衛費増額のための増税案などで内閣支持率が危険水域まで低下する中、4月の統一地方選で自民党が大敗する観測...
別窓で開く

1976年の初版版発刊以来、日本社会学の教科書として多くの読者に愛されていた小室直樹氏による『危機の構造 日本社会崩壊のモデル』が2022年に新装版として復刊された。社会学者・宮台真司氏「先進国唯一の経済停滞や、コロナ禍の無策や、統一教会と政治の癒着など、数多の惨状を目撃した我々は、今こそ本書を読む...
別窓で開く

〈12億円持ち込み資料入手〉統一教会首脳のラスベガス・カジノ豪遊の原資は日本人信者の献金だった
 韓鶴子総裁(79)ら統一教会(現・世界平和統一家庭連合)幹部がアメリカ・ラスベガスのカジノで豪遊するための資金12億円超を日本人信者らが現地まで運んでいた疑いがあることが「 週刊文春 」の取材で分かった。教団の内部資料を入手した。 12月14日、文化庁は統一教会に対し、宗教法人法に基づく2回目の質...
別窓で開く

1976年の初版版発刊以来、日本社会学の教科書として多くの読者に愛されていた小室直樹氏による『危機の構造 日本社会崩壊のモデル』が2022年に新装版として復刊された。社会学者・宮台真司氏「先進国唯一の経済停滞や、コロナ禍の無策や、統一教会と政治の癒着など、数多の惨状を目撃した我々は、今こそ本書を読む...
別窓で開く

紀藤弁護士と鈴木エイト語る闘いの原動力「眼前で泣き崩れたおばあちゃんのために」
——2022年の日本を揺るがせた統一教会問題。山口広弁護士ら1980年代からこの問題を追及してきた第1世代に対し、1990年代からこの問題に携わってきた紀藤弁護士は第2世代にあたるという。鈴木エイトさん(以下・鈴木):僕がこの問題にかかわり始めたのは2000年以降なので、第3世代ですね。...
別窓で開く

1976年の初版版発刊以来、日本社会学の教科書として多くの読者に愛されていた小室直樹氏による『危機の構造 日本社会崩壊のモデル』が2022年に新装版として復刊された。社会学者・宮台真司氏「先進国唯一の経済停滞や、コロナ禍の無策や、統一教会と政治の癒着など、数多の惨状を目撃した我々は、今こそ本書を読む...
別窓で開く

石破茂氏「岸田総理が何をしたいのかいまだに分からない」 内閣改造、解散総選挙にも否定的
 臨時国会もようやく閉幕。今年の岸田政権の総括を聞こうと、自民党の“一言居士”こと石破茂元幹事長(65)を訪ねると、いつもの腕組み姿で待っていた。「参院選の頃、内閣支持率は60%くらいありましたよね。ところが、安倍晋三元総理への銃撃事件でガラッと雰囲気が変わった。...
別窓で開く

2022年、日刊SPA!で反響の大きかった記事からジャンル別にトップ10を発表。今年、大きな影響があった「ニュース」部門の第1位は、こちら!(集計期間は2022年1月〜11月まで。初公開日2022年8月11日 記事は取材時の状況) *  *  * いま親の信仰で生きづらさを感じてきた宗教2世の人たち...
別窓で開く


[ 統一教会 アメリカ ] の関連キーワード

ラスベガス 統一教会

<前へ12345次へ>