本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界平和統一家庭連合(以下、統一教会)をめぐる被害者救済新法が2023年1月5日に施行された。安倍晋三元首相を銃撃する事件を起こした山上徹也容疑者が統一教会の「宗教2世」だったことから同教団の被害が浮き彫りになり、救済新法に結びついた。しかし、「宗教2世」問題は、統一教会だけの話ではない。2世当事者...
別窓で開く

「ガセネタ。自民の反執行部派の連中が流した」公明党幹部を激怒させた”永田町怪情報”は本当だった
月刊「文藝春秋」の名物政治コラム「赤坂太郎」。2023年2月号 「地獄を見た岸田の『粘り腰』」 より一部を転載します。◆◆◆ 安倍晋三が暗殺されて半年——首相の岸田文雄はすべてが裏目に出て、政権のまさに冬景色の中にある。 だが、凍てつく状況の中で、岸田は予想外の粘り腰を見せている。まずは防衛費増額に...
別窓で開く

佐藤健が勧誘される?井上真央主演ドラマでファンが「学会俳優との接触」を注視
 1月13日から井上真央主演の金曜ドラマ「100万回言えばよかった」(TBS系)がスタートする。同ドラマは豪華俳優陣の共演に注目が集まっているという。「本作は、愛する人を突然失った女性が主人公のファンタジーラブストーリーです。...
別窓で開く

◆腹を括った岸田総理 岸田総理がどうもおかしい。 仕事をしているのである。これを異常事態と言わずしてなんと言おう。 中でも目を見張ったのは、統一教会の悪辣な献金被害をうけた被害者を救済すべく立法されたいわゆる「救済法案」(正式名称=「法人等による寄附の不当な勧誘の防止等に関する法律」)の審議だ。 こ...
別窓で開く

「創価学会の本部職員は辞めたけれど、脱会はしていないんです」学会元理事長の息子が鈴木エイトに明かした“宗教2世”の葛藤
 2022年7月の安倍元首相銃撃事件以降、「宗教二世」について注目が高まった。ジャーナリストの鈴木エイトさんと、創価学会理事長だった正木正明氏を父に持つ正木伸城さんの対談を『 週刊文春WOMAN2023創刊4周年記念号 』より、一部編集のうえ紹介する。◆◆◆■父親は創価学会でナンバー2の幹部鈴木「伸...
別窓で開く

組織の高齢化、統一教会問題も…茨城県議選でわかった公明党・創価学会の窮状
“茨城ショック”──永田町に激震が走った。12月11日に投開票が行われた茨城県議会議員選挙で、45人の自民党公認候補のうち現職10人が落選した。この結果だけでも自民党に対する逆風の強さに驚かされる。だが、関係者が本当に驚愕したのは、「公明党の退潮」だったという。 *** 岸田文雄首相(65)が衆議院...
別窓で開く

人員不足で「聖教新聞」配達員に彦摩呂が 自民党に「名簿」「票ノルマ」を課す公明党の落日
 波乱を呼んだ国会の最後に繰り広げられた高度な情報戦。地検特捜部による異例の捜査、水面下で進んでいた野党との連立報道など、永田町で絡み合う複雑な方程式を解いていくと、ある組織の苦境が浮上する。危地に立つは公明党とその支持母体・創価学会である。 *** 権謀術数うず巻く永田町では、事象や言葉尻のわずか...
別窓で開く

「池田大作先生が応援に来たという真偽不明の情報が出回り…」 長井秀和が振り返る公明党の選挙戦
■「先生が応援に来た」という非公式の情報 国政における比例での得票数を大きく減らしたうえ、統一教会問題でさらに打撃を受けている公明党。弱体化の背景にはカリスマ・池田大作名誉会長の不在があるが、党勢回復を期す来年4月の統一地方選に向けて、ある計画が進んでいるという。 *** まず、これまでの池田名誉会...
別窓で開く

「修学旅行のお土産“七福神”を燃やされ…」創価学会2世の証言 長井秀和も学会からの抗議書に徹底反論
 国会では救済新法成立に向け、与野党の攻防が佳境を迎えている。公明党が暗躍する中、本誌(「週刊新潮」)に掲載した元信者・長井秀和氏(52)のインタビューが創価学会の逆鱗に触れた。抗議書で事実無根と主張するが、透けて見えてきたのは、かの教団との共通点で——。 ***「いかにも創価学会のやりそうなことで...
別窓で開く

旧統一教会問題をめぐる「救済法案の成立」における与野党「3つの思惑」
ジャーナリストの鈴木哲夫が12月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。旧統一教会の問題をめぐる被害者救済法案について解説した。...
別窓で開く


[ 統一教会 創価学会 ] の関連キーワード

創価学会 統一教会 公明党 永田町 自民党

<前へ123次へ>