本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「毎日本当に楽しかった」大谷翔平の元同僚が日ハム時代を回顧! 「経済面の安定が大きい」と日本行きの理由を告白
日本ハム時代に大谷翔平(現ロサンゼルス・エンジェルス)と共闘した36歳のベテラン投手が“二刀流スター”との思い出を回想した。 現地時間10月11日、ロサンゼルス・ドジャースの救援投手クリス・マーティンは、本拠地で開催されたサンティエゴ・パドレスとのナショナル・リーグ地区シリー...
別窓で開く

今季初安打・初得点の大谷翔平、大飛球も初本塁打ならず。“投壊”のエンジェルスは中継ぎ炎上の13失点で開幕連敗
現地時間4月8日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、ヒューストン・アストロズ戦に「1番・DH」でスタメン出場。5打数1安打1得点と活躍するも、チームの勝利には結びつけられなかった。 この日もエンジェルスは序盤から苦しいゲーム展開となる。1回表にホゼ・アルトゥーベの先頭打者本塁打で先手を取られ、...
別窓で開く

元女房役マルドナードを三振斬り! 大谷翔平がマウンドで浮かべた笑みのワケとは?意表を突く“回答”に報道陣は爆笑
“二刀流”サムライが初日から力投を見せた。 渡米5年目を迎えたロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、現地時間4月7日のヒューストン・アストロズとの開幕戦で、初の開幕投手を担った。本拠地で「1番・投手兼DH」として登場した27歳は、強力打線を相手に4回2/3を投げて、被安打4...
別窓で開く

大物も特別扱いなしのソフトバンクは二遊間競争が熾烈に。新庄監督の日ハムは清宮に期待【全12球団春季キャンプの注目点/パ・リーグ編】
2月1日からいよいよ春季キャンプでは、2022年シーズン開幕へ向け、それぞれのチームで激しいポジション争いが展開される。セ・リーグ6球団で最も注目すべきポイントをそれぞれリストアップした。■オリックス:二塁での若手開花が連覇のカギ 昨年は若手のブレイクで25年ぶりのリーグ優勝を手繰り寄せたが、開花が...
別窓で開く

四球攻めにも“動じなかった”大谷翔平。すべてを変えたのは元女房役が呈した苦言?「あの振る舞いは良くない」
今季の大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、二刀流で凄まじいシーズンを謳歌した。ゆえに相手から露骨に勝負を避けられる場面は少なくなかった。いわゆる「四球攻め」だ。【動画】"元女房役"マルドナードが死球を受けた大谷を仲裁をチェック 四球の数はリーグ3位の96を数えた。...
別窓で開く

「ばかげている!」161キロ連発!大谷翔平の117球の熱投に米メディアも驚嘆!「オオタニは当たり前ではない」【Playback“ショウタイム”/今季9勝目】
2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。彼が投手として記録した9勝を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。 今回紹介するのは9勝目を飾った試合だ。ピンチの局面を気迫の投球で三振で切り抜けると、自己最多となる117球を記録。相手打線を力でねじ伏せたピッチ...
別窓で開く

「キャッチャーが必要以上に動かした」大谷翔平への“不可解な四球判定”はアストロズ捕手の問題と現地記者が言及!
大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)を巡る審判の“不可解なボール判定”により、現地がざわついている。 現地9月23日に行なわれた今シーズン最後のヒューストン・アストロズ戦に「2番・DH」で出場した27歳は、3打席連続で四球を選ぶ1打数無安打を記録した。話題を呼んでいるのは、...
別窓で開く

大谷翔平、キャリア最低の被安打9で降板。44号本塁打で自身を援護も103年ぶりの偉業達成は次回に持ち越しに
現地時間9月10日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたヒューストン・アストロズ戦に「2番・投手」で先発出場。3回1/3を投げ、9安打6失点で降板した。 初回に迎えた第一打席で44号本塁打を放って自身を援護した大谷。その裏のマウンドでは、1死一、二塁のピンチを迎えたが、相手の4番...
別窓で開く

「彼は“チートコード”だ!」大谷翔平117球熱投に米メディアから称賛止まず「おそらく今年のベストピッチ」
現地時間9月3日のテキサス・レンジャーズ戦に先発し、今季9勝目を挙げた大谷翔平。一夜明けた後も、現地メディアの絶賛は止まらない。【動画】渾身の100マイルピッチング! 大谷翔平がギアを上げた奪三振シーンをチェック  2回に同点2ランを浴びたものの、その後は失点を許さず、7回2失点にまとめた大谷。...
別窓で開く

「オオタニはとにかく優秀だ!」ピンチで“100マイル連発”の大谷翔平に敵将もお手上げ!「素晴らしいモノを持っている」
勝負所での力強いピッチングに敵将も感服するしかなかった。【動画】渾身の100マイルピッチング! 大谷翔平がギアを上げた奪三振シーンをチェック 現地時間9月3日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。打席では4打数無安打に終わった...
別窓で開く


<前へ12次へ>