本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米挑戦で有原航平は“不良債権”に。6億円超の契約で通算7点台の防御率に現地記者は皮肉「日本人全員が通用するわけじゃない」
1月6日、今オフにテキサス・レンジャーズ傘下3AからFAとなった有原航平をソフトバンクが獲得する見込みとなったと複数メディアで報じられた。 2021年に日本ハムからポスティングでレンジャーズと2年総額620万ドル(当時約6億5000万円)で契約を結んだ有原。だが、右肩手術で長期離脱を余儀なくされた影...
別窓で開く

「毎日本当に楽しかった」大谷翔平の元同僚が日ハム時代を回顧! 「経済面の安定が大きい」と日本行きの理由を告白
日本ハム時代に大谷翔平(現ロサンゼルス・エンジェルス)と共闘した36歳のベテラン投手が“二刀流スター”との思い出を回想した。 現地時間10月11日、ロサンゼルス・ドジャースの救援投手クリス・マーティンは、本拠地で開催されたサンティエゴ・パドレスとのナショナル・リーグ地区シリー...
別窓で開く

賛否が加熱する佐々木朗希の降板に米メディアが理解。CY賞3度の“最強左腕”を例に「最近では珍しい動きでもない」
末恐ろしい才能に“野球の本場”がどよめいている。ここ2試合で17イニング連続パーフェクトを記録するなど、強烈なインパクトを放っているロッテの佐々木朗希だ。【動画】日ハム打線が手も足も出ず! 佐々木朗希の快投シーンをチェック 4月10日のオリックス戦では、プロ野球史上28年ぶり...
別窓で開く


<前へ1次へ>