本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「文化芸術を産業に」=都倉文化庁長官が内情で講演
 文化庁の都倉俊一長官は30日、東京都内で開かれた内外情勢調査会で講演した。「文化芸術立国」を掲げ、映画や音楽、伝統芸能などを産業化することの重要性を訴えた。 都倉長官は「稼げる文化芸術をつくらない限り、文化立国を標榜(ひょうぼう)することはできない」と指摘した。...
別窓で開く

著作物の円滑利用へ報告書=一元窓口創設、賠償増額も—文化審
 文化審議会の小委員会は30日、著作権者が不明な映像や音楽などの著作物を二次利用する際、新設する一元的な窓口組織に一定額を支払えば利用可能とする新制度を柱とする報告書をまとめた。インターネットなどで流通する著作物の利用を円滑化し、創作活動を促進するのが目的。文化庁は今後、同審議会分科会での議論を踏ま...
別窓で開く

アニバーサリーイヤーにラフマニノフの傑作を自分なりに奏でたい
ソリストとして、さらに室内楽奏者としても活躍の幅を広げ、昨年からは東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校にて非常勤講師を務めるピアニストの大崎由貴。東京藝術大学を卒業後、彼女が研鑽の地として選んだのはザルツブルクのモーツァルテウム大学であった。...
別窓で開く

チェリスト必須の作品に込められた多彩な魅力を伝えたい
桐朋学園大学ソリストディプロマコースを経て、ザルツブルク・モーツァルテウム大学在学中にミュンヘン・フィルハーモニー団員となった三井静。国際コンクールでの入賞も重ね、ソリストとしても圧倒的な存在感を示す彼が、ヨーロッパのオーケストラ奏者となった経緯を尋ねた。...
別窓で開く

ファゴットの魅力を伝えたいー新天地で道を切り拓いた作曲家に自らを重ねて
東京藝術大学をご卒業後、すぐに東京都交響楽団の首席ファゴット奏者に就任し、オーケストラ奏者として活躍中の長哲也。オーケストラに所属しながらリヨン国立高等音楽院の大学院に留学し研鑽を積んだ彼の学びと音楽とのかかわりについて尋ねた。「プロのオーケストラ奏者になる事は、子供の頃の漠然とした憧れでした。...
別窓で開く

音楽と社会を繋げる奏者にー憧れの作品で決意を奏でる
パリ国立高等音楽院サクソフォーン科、さらに室内楽科および即興科で学んだサクソフォーン奏者の袴田美帆は、現代音楽や即興演奏など幅広い演奏活動を行っている。美術館や歴史的文化施設で新たな空間芸術を創造するなど、音楽の新しい可能性に挑み続ける彼女がパリを選んだのは必然ともいえるものであった。...
別窓で開く

山本美月 第1子妊娠を発表「母子共に健康に過ごしております」 20年に俳優の瀬戸康史と結婚
 女優でモデルの山本美月(31)が29日、自身のインスタグラムを更新し、第1子妊娠を発表した。 山本は「いつも応援してくださってる皆様へ」とし「この度、新しい命を授かりました。母子共に健康に過ごしております。お仕事は今後も体調を見ながら、続けていく予定です。温かく見守って頂けましたら幸いです」とつづ...
別窓で開く

音楽と社会を繋げる奏者にー憧れの作品で決意を奏でる
パリ国立高等音楽院サクソフォーン科、さらに室内楽科および即興科で学んだサクソフォーン奏者の袴田美帆は、現代音楽や即興演奏など幅広い演奏活動を行っている。美術館や歴史的文化施設で新たな空間芸術を創造するなど、音楽の新しい可能性に挑み続ける彼女がパリを選んだのは必然ともいえるものであった。...
別窓で開く

チェリスト必須の作品に込められた多彩な魅力を伝えたい
桐朋学園大学ソリストディプロマコースを経て、ザルツブルク・モーツァルテウム大学在学中にミュンヘン・フィルハーモニー団員となった三井静。国際コンクールでの入賞も重ね、ソリストとしても圧倒的な存在感を示す彼が、ヨーロッパのオーケストラ奏者となった経緯を尋ねた。...
別窓で開く

アニバーサリーイヤーにラフマニノフの傑作を自分なりに奏でたい
ソリストとして、さらに室内楽奏者としても活躍の幅を広げ、昨年からは東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校にて非常勤講師を務めるピアニストの大崎由貴。東京藝術大学を卒業後、彼女が研鑽の地として選んだのはザルツブルクのモーツァルテウム大学であった。...
別窓で開く


[ 文化庁 ] の関連キーワード

ラフマニノフ