本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



普天間飛行場の危険性除去を協議「負担軽減作業部会」を来年1月にも開催 政府
沖縄県を訪問している松野官房長官は、宜野湾市の松川市長と会談し、普天間飛行場の危険性除去について協議する「負担軽減作業部会」を来年1月から2月に開催する意向を伝えました。...
別窓で開く

ひろゆきさん「自分が他人のデマを流すのは言論の自由。他人が自分に言うのは許されない。という、立場の人が目につく気がする昨今です」 仁藤夢乃さんのColabo問題に関し私見
11月29日、一般社団法人Colaboは記者会見を行い、代表の仁藤夢乃さんや同団体に誹謗中傷が行われているとして、代表的な投稿者に対し1100万円の損害賠償などを求める提訴を行ったと発表した。若年女性の支援団体「Colabo」や仁藤夢乃代表に対する「生活保護ビジネス」などのネット発信はデマだとして、...
別窓で開く

2022年振り返り「今年のバカ」トップ10(前編)橋下徹、ひろゆきがランクイン(適菜収/作家)
(コントかよ(岸田首相)/(C)日刊ゲンダイ)【適菜収「それでもバカとは戦え」】#194 今年もバカが豊作だった。恒例の年末企画「今年のバカ」トップ10。【第10位】松井一郎 6月27日、松井は政見放送で「維新の会は経費については領収書を公開しています。...
別窓で開く

辺野古の軟弱地盤訴訟、3月に判決 知事「工事どれだけ合理性あるか」
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、防衛省が申請した設計変更を不承認とした県の処分に対し、国土交通相が是正指示などをしたのは違法として、県が国交相を相手取り、是正指示などの取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が1日、福岡高裁那覇支部(谷口豊裁判長)であった。...
別窓で開く

辺野古訴訟、3月判決=玉城知事が意見陳述—福岡高裁支部
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で、工事の設計変更を不承認とした県の処分に対して斉藤鉄夫国土交通相が行った「是正指示」や取り消し裁決はいずれも違法として、県が起こした2件の訴訟の第1回口頭弁論が1日、福岡高裁那覇支部(谷口豊裁判長)であった。弁論はこの日で終結し、判決は来年3月...
別窓で開く

「ハイサイおじさん」の喜納昌吉、なぜ沖縄から嫌われる? YMOにも影響を与えた異能の音楽家の半生
「すべての武器を楽器に」を合言葉に平和運動を繰り広げてきた喜納昌吉(きなしょうきち)。だが、この沖縄を代表するミュージシャンの姿は「本土復帰50周年」のイベントになく、いまや沖縄から排除されつつあるという。信念を貫き、独自の道を歩み続ける孤高の異端児の音楽と思想。...
別窓で開く

10月末にイーロン・マスク氏によるTwitter買収完了が報じられてから、はや数週間。毎日のように新たなニュースが流れるが、ユーザーたちはTwitterが今後どのような方向に向かうのかを予測しかねている。ユーザーたちの反応を追った。(フリーライター 鎌田和歌)■Twitterは右寄りになっていく? ...
別窓で開く

この連載の第1回は翁長雄志氏の言葉で始まった。だから最終回も沖縄で終わりたい(立岩陽一郎)
(普天間基地(C)日刊ゲンダイ)立岩陽一郎【ファクトチェック・ニッポン!】 ウクライナ東部からロシアが侵攻を始めて9カ月以上となる。この状況を伝える報道に問題はないか? それを考えるシンポジウムが11月1日にあり私も参加した。会場からも質問が次々に出る活発なやりとりに主催団体からも「やって良かった」...
別窓で開く

乙武氏「見事な感動ポルノ記事」車いす男性の基地抗議船乗船報道に苦言、疑問の声も
作家でタレントの乙武洋匡氏が、沖縄タイムスが報じた「辺野古出身の車いす男性が新基地建設に対する抗議船に乗船した」というニュースに対し、「感動ポルノ」と断罪。ネット上から疑問の声を集めている。 事の発端となったのは、沖縄タイムスの記者である阿部岳氏がツイッターに、脳性まひで車いす生活をしている沖縄県名...
別窓で開く

「中間中立で報道しているという気は確かにない」と記者が公言…沖縄の地元紙は本当に“偏っている”のか?
 夕刊フジに興味深いコラムがあった。『玉川氏とひろゆき氏に“あおり芸”の共通性 問題は「炎上」に乗っかるカッコ悪いテレ朝、本当にその路線でいいんですか?』(10月20日) 書いたのは「報道ステーション」などのプロデューサーを経て、ABEMAの立ち上げにも参画した元テレビ朝日の鎮目博道氏。■「カッコ悪...
別窓で開く


[ 辺野古 ] の関連キーワード

twitter 普天間 陽一郎

<前へ123456次へ>