本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



英スナク首相「中国との黄金時代は去った」、中国紙社説「毒キノコが繁殖」
英国のリシ・スナク首相は「英中の黄金時代はすでに過ぎ去った」と述べた。独メディアのドイチェ・ヴェレが29日付で伝えた。スナク氏は28日、ロンドンで行った外交政策に関する演説で、中国との関係をめぐり「いわゆる『黄金時代』は過ぎ去ったことをはっきりと言おう。貿易が政治的・社会的改革をもたらすとの甘い考え...
別窓で開く

英BBC記者拘束に中国報道官「悪意を持ってわざとトラブルを起こすBBCのやり方」—独メディア
2022年11月29日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、英国のスナク首相が新型コロナ政策や警察によるBBC記者への暴行報道について中国政府を批判したことについて、中国側が猛反発したと報じた。...
別窓で開く

出だし順調、くすぶる不満=スナク首相就任1カ月—英
 【ロンドン時事】経済失策で退陣したトラス氏の後任として、スナク氏が英首相に就任してから25日で1カ月となった。減税策の迷走で混乱極まった前政権と比べ、スナク氏の政権運営はおおかた安定しており、出だしは順調と言える。ただ、物価高や光熱費高騰に苦しむ国民の不満はくすぶり続けており、政権批判に発展する可...
別窓で開く

英宰相チャーチルを知る(1)名言の裏側にあった“めげない精神”
(絵① / Daily Express(1919年9月8日付)) 風刺画(絵①)をご覧ください。この人物はイギリスの首相を務めたチャーチル(1874〜1965年)です。一体、何を風刺しているのでしょうか? 今回は、チャーチルにまつわる「キーワード」に焦点を当てながら、彼の人となりを探っていきましょう...
別窓で開く

アメリカとイギリスでの「リベラル」の正しい意味とは?
アメリカの中間選挙が行われ、当初の予想に反して接戦となっていて、まだ大勢が判明していない。アメリカの場合、共和党が保守で、民主党がリベラルと言われているが、日本人にはその区別がつきづらいかもしれない。そこで評論家の八幡和郎氏にイギリスとアメリカを例に「リベラル」について解説してもらいました。...
別窓で開く

2022年10月25日に、リシ・スナク氏が新たなイギリス首相に就任した。8月から3カ月間に、3人が保守党政権で首相の座に就くという異常な事態になっている。ボリス・ジョンソン氏、リズ・トラス氏、そしてスナク氏である。このような短期間に次々と首相が替わることは、イギリス政治ではきわめて異例なことである。...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆「黒田をクビにしろ」など、日本を滅ぼしたいのか 相変わらず間違った言論が蔓延っている。「円安でモノの値段が上がるのに給料が上がらない! 今すぐ黒田をクビにしろ!」などと、怨嗟の声が広がる。 本欄では、何度も「黒田東彦日銀総裁の後任は、正しい経済政策をわかっている若田...
別窓で開く

<ウクライナ危機>欧州、高インフレ背景に厭戦ムードも—戦争終結メド立たず、支援正念場
ロシアのウクライナ侵攻が始まって8カ月が経過したが、欧州連合(EU)に大半が加盟する欧州諸国では長引く戦争が誘発した物価高騰を背景に市民の間で厭戦ムードも目立ってきた。欧州諸国はウクライナへの支援を続けられるのだろうか。正念場を迎えている。一方、「ロシアは敗退しつつある」(ポーランド政府高官)との見...
別窓で開く

【100万円増額計画】政府・日銀「覆面介入」とみられる24日・月曜日の朝、学生トレーダーどう打って出た?【FX大学対抗戦 第22節】
2022年10月21日の深夜と、週明け24日の朝、政府・日銀の「覆面介入」があったとみられているなか、学生トレーダーたちも、その時間帯は手に汗握っていた。北海道大学 金融研究会の小松柊太さんは、24日の朝、「前週の為替介入(?)があった影響で、円安方向へ反発することは容易に予測できた」と、勝負に打っ...
別窓で開く

英国のリズ・トラス前首相が、わずか50日でスピード辞任した。首相交代が頻繁に起きたことで、「英国政治は迷走している」とみる向きもある。だが筆者は、首相の間違いを国民が短期間で見抜いて交代させた英国の体制は恥ずべきものではなく、むしろ「健全」であると評価している。昨今の中国の動きと対比しながら、英国の...
別窓で開く


[ 保守党 ] の関連キーワード

チャーチル ウクライナ アメリカ イギリス bbc

<前へ1234567次へ>