本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



あのブラジル人J戦士のいま【第1回】ビスマルク——「自分のような選手を助けてあげたかった」
 Jリーグ創成記に眩いばかりの輝きを放った超大物ブラジル人選手。もしビスマルクが日本へ来ていなければ、Jリーグの最初の9年間の歴史は違っていたかもしれない。 精巧なテクニックの持ち主で、ほとんどミスをしない。派手さはないが、状況判断が素晴らしく、常に最適のプレーをやってのけた。勝負強さも群を抜いてい...
別窓で開く

羽生直剛が選ぶJ歴代最強チーム「城福監督なりの腹の括り方に感銘を受けた」
 5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思う3チーム”を選んでもらっている。ここでは、元日本代表の羽生直剛(現FC東京のクラブナビゲーター)の“最強チームトップ3&rdquo...
別窓で開く

「この試合でやっと認められた」元日本代表MF羽生直剛氏が回顧する“伝説のダービー”
 コロナ禍の影響でJリーグは中断が続き、サッカーが見られずに退屈しているファンも多いことだろう。そんななか、「DAZN」では「Re-Live」として過去の名勝負を放送中だ。現在配信中の2008年J1第6節、東京ヴェルディ対FC東京の「東京ダービー」の解説を務め、FC東京の一員としてこの一戦のピッチに...
別窓で開く

【クラブ別J公式ベスト11輩出数ランキング】堂々の1位鹿島に次ぐ2位は浦和? 磐田?
 1993年に産声を上げたJリーグは、毎シーズン、ベストイレブンを選出。これまでの過去27年間で選ばれた選手の総数は計297人。GKからFWまでバラエティに富んだそうそうたる面々が、際立つプレーでリーグを盛り上げ、日本サッカーの歴史を紡いできた。 そんな名手たちを最も多く輩出してきたのはどのクラブか...
別窓で開く

個人タイトル最多獲得クラブは? 昨季王者は4位タイ。栄えある1位は?
 個人タイトル獲得選手を最も多く輩出しているクラブはどこか。1992年から2019年までの間で、J1リーグのMVP、得点王、ベストヤングプレーヤー賞(新人王含む)、ルヴァンカップ(ナビスコカップ含む)のMVP、ニューヒーロー賞の5タイトルにおける歴代の受賞者をカウントし、ランキングを作成した。...
別窓で開く

【Jリーグ出生地別選手数ランキング/外国編】トップ3は昨季と変わらず。J初年度の1993年との比較でも面白い結果が…
 4月24日時点で2020年シーズンのJリーグに登録されている選手は計1737人。そのうち日本以外で出生した選手は、209人となった。 本稿ではその209人の出生地を「Jリーグ公式サイト」のデータを基に集計、ランキング化。さらには1993年のJ初年度のデータとも比較する。まずは今季の順位を見ていきた...
別窓で開く


<前へ1次へ>