本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『THE FIRST TAKE』星街すいせい参戦で物議! 歌声大絶賛も“メタタグ”が…
『THE FIRST TAKE』星街すいせい参戦で物議! 歌声大絶賛も“メタタグ”が… (C)PIXTAさまざまなアーティストの一発撮り動画を公開している、人気YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』。同チャンネルで初となるVTuberの出演者として、『ホロライブ』の星街すいせいが参...
別窓で開く

5人組グループ・NewJeans、自身初の「合算シングル」1位【オリコンランキング】
5人組グループ・NewJeans(ニュージーンズ)『NewJeans 'OMG'』(ニュージーンズ オーエムジー)が、週間5.7万PT(56,560PT)を記録し、1月13日発表の最新「オリコン週間合算シングルランキング」で1位を獲得。「オリコン週間音楽ランキング」【※】において自身初の1位となった...
別窓で開く

SixTONES、最新作『声』が自身初の週間50万PT超えで「合算アルバム」1位【オリコンランキング】
男性6人組グループ・SixTONESの3rdアルバム『声』が、週間51.7万PT(517,203PT)を記録し、1月13日発表の最新「オリコン週間合算アルバムランキング」で1位を獲得。自身初の週間50万PT超えを達成し、週間51.7万PTは自己最高週間ポイントを記録した。...
別窓で開く

【YouTubeチャート】Ado、Vaundyらのパフォーマンスに注目 ライブ映像TOP10入り
今週(2022. 12/30〜2023.1/5)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は先週比で5.5%減となった。TOP100の初登場作は8作(先週8作)。 2023年1週目の1位はOfficial髭男dism「Subtitle」(視聴回数586.6万回)。視聴回数は先週比で20.2...
別窓で開く

Official髭男dism、『silent』主題歌「Subtitle」が史上初の10週連続「デジタル2冠」【オリコンランキング】
Official髭男dismの「Subtitle」が、1月11日発表の最新「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」と「オリコン週間ストリーミングランキング」でいずれも1位を獲得。オリコン史上初【※1】となる10週連続(2022/11/14付〜)で「デジタルランキング」2冠を達成した。...
別窓で開く

米津玄師じゃなかった…Vaundyの“顔出し”が波紋「顔と声が一致してない」
(C)Asti Mak / ShutterstockAdoほど徹底的でないものの、昨今はあまり顔を出さずに活躍するミュージシャンが多くなった。大みそか放送の『NHK紅白歌合戦』に、大人気シンガーソングライター・Vaundyが出演したところ、その風貌に驚きの声が続出している。この放送で初めて彼の顔を見...
別窓で開く

興収187億円突破の大ヒット!映画『ONE PIECE FILM RED』1月29日ついに終映、名シーンをまとめたスペシャル映像
『ONE PIECE FILM RED』©尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会■1月29日、遂に終映!2022年8月6日(土)より公開中の映画『ONE PIECE FILM RED』が、2023年1月29日(日)で終映することが発表され、映画の名シーンをまとめたスペシャル映像が公開...
別窓で開く

『紅白歌合戦』例年より曲目アニソン増で話題 『ONE PIECE』『鬼滅の刃』『SPY×FAMILY』など
『第73回NHK紅白歌合戦』(後7:20〜11:45)が、本日31日に放送される。今年の曲目は例年に比べてアニメソング(アニソン)が多くなっている。 初出場となる紅組のウタ(歌唱パート:Ado、キャラクターボイス:名塚佳織)は、大ヒットアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌「新時...
別窓で開く

【紅白】タイムテーブル公開 1番手はSixTONES、大トリ福山雅治 氷川きよしが休養前ラストステージ
大みそか恒例『第73回NHK紅白歌合戦』(後7:20〜11:45 総合ほか)のタイムテーブルが、番組の公式サイトで公開された。改修工事を終えた東京・渋谷のNHKホールで2年ぶり、有観客では3年ぶりとなる紅白の司会は、大泉洋(3年連続3回目)、橋本環奈(初)、桑子真帆アナウンサー(2年ぶり4回目)、ス...
別窓で開く

2022年、映画業界を数字で振り返る
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1094回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。2022年も残すところ、あと数時間。今年も洋画・邦画を問わず、数々の話題作が...
別窓で開く



<前へ1234次へ>