本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



4Kテレビ「AQUOS XLED」第2弾5モデル mini LEDバックライト搭載
シャープは、mini LEDバックライトを搭載したフラッグシップモデルの4K液晶テレビ「AQUOS XLED」第2弾、「EP1ライン」5モデルを2022年11月19日から順次発売する。■AIがコンテンツに合わせて映像を調整「アクティブ mini LED駆動」技術により、高密度に敷き詰めたmini L...
別窓で開く

もはやカメラ。ライカスマホ第2弾「Leitz Phone 2」で早速いろいろ撮影してみた!
ライカが全面的に監修した初のスマホとして、昨年7月に発売されて話題になった「Leitz Phone 1」。「1」というからには「2」もあるだろうと期待していたら、やはり「Leitz Phone 2」が発表されました。前モデルと同じく製造メーカーはシャープ。11月18日発売で、価格は22万5360円。...
別窓で開く

シャープ5Gスマホ「AQUOS sense7」 フラッグシップ機に迫るカメラ性能
シャープは、第5世代移動通信システム「5G」対応のスマートフォン「AQUOS sense7」を2022年11月上旬以降に発売する。■暗いシーンでも美しい撮影が可能スタンダードモデルの位置づけながら、フラッグシップモデルに迫る1/1.55インチのイメージセンサーの搭載により集光量が大幅に向上したカメラ...
別窓で開く

シャープ「AQUOS ケータイ4」 着信に気づきやすく画面も見やすい
ソフトバンクは、シャープ製の携帯電話「AQUOS ケータイ4」を、2022年10月28日に「ソフトバンク」ブランドから、また11月上旬以降に「ワイモバイル」ブランドから発売する。■ビジネスでも使える多彩な機能着信音用のスピーカーを背面に搭載したほか、着信音量が前モデルから約2倍になり、閉じた状態でも...
別窓で開く

日本の電子製品はほぼ全滅—華字メディア
日本で発行されている華人向けの新聞、中文導報(電子版)に25日、「日本の電子製品はほぼ全滅」とする記事が掲載された。記事はまず、「20年前、ソニー、松下、シャープなどの日本企業は、世界的に有名な高級消費者向け電子製品ブランドで、テレビから電子レンジ、デジタル音楽プレーヤーまで家電製品のほぼすべてを製...
別窓で開く

大画面テレビは「次世代液晶搭載」&「チューナーレス」に注目【令和の新殿堂入り傑作モノ】
【令和の新殿堂入り傑作モノ】「美しく鮮明な映像を大画面で楽しめる」よう、これまでも各社しのぎを削ってきた大画面テレビ。果たして次なるトレンドは? 現在、注目されているキーワードをAV評論家の折原一也さんがピックアップ。新たな定番となりそうなモデルを紹介してもらった。...
別窓で開く

【すごい付録】流行りの「スマホポシェット」が付録で登場!使い勝手を発売前レビュー
今年のヒットアイテムのひとつ"スマホストラップ"。肩に斜め掛けすることですっとスマホ操作に移れる便利グッズです。ストラップだけの場合もありますが、ポシェット型のアイテムも見かけますよね。「素敵なあの人 2023年1月号増刊」(2022年11月16日発売/宝島社)では、上品な「スマホポシェット」が付録...
別窓で開く

4Kに加えハイビジョン放送も シャープ「AQUOS 4Kレコーダー」
シャープは、ブルーレイレコーダー「AQUOS 4Kレコーダー」6モデルを2022年10月29日に発売する。4K放送に加え、地上デジタル(地デジ)などのハイビジョン放送も「HEVC長時間録画」に業界初対応したという。■「5upコンバーターPRO」実装画像処理エンジン「Medalist BD」を搭載。...
別窓で開く

ドコモが2022-2023冬春モデルの新機種を発表!機種ごとの特徴や性能を解説
2022年10月6日に、NTTドコモが冬春モデル8機種を発表しました。ハイスペックモデルは「Galaxy Z Flip4」、「Galaxy Z Fold4」、「Xperia 5 IV」の3機種、スタンダードモデルは「AQUOS sense7」、「arrows N」、「Galaxy A23 5G」の3...
別窓で開く

ミッドレンジなのにハイエンド級な部分も!「AQUOS sense7」は高コスパな予感
9月26日、シャープが「AQUOS sense」シリーズの最新モデル「AQUOS sense7」を発表しました。11月上旬以降にNTTドコモとau、UQモバイルが発売します。さらに、AQUOS sense7をベースに動画を快適に視聴するための機能を強化した「AQUOS sense7 plus」も発表...
別窓で開く



<前へ12345678次へ>