本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



音楽スタジオ級のサウンドを! 最新“ワイヤレスイヤホン&ヘッドホン”4選
好きな人を応援すると、心が満たされる。推しの存在は、もはやわたしたちの生活に欠かせないものに。そんな推し活をもっともっと充実させたいなら、オーディオ家電を重視してみては? ここでは、おすすめワイヤレスイヤホン&ヘッドホンをヨドバシカメラ新宿西口本店勤務・近藤雅樹さんにお聞きしました。...
別窓で開く

音楽ジャンル別に聴き比べ!完全ワイヤレスイヤホン12モデル徹底レビュー【安くても傑作モノ】
【安くても傑作モノ】人気の完全ワイヤレスイヤホンは商品数が多く、自分に合ったイヤホンは見つけにくいもの。そこで評論家の折原一也さんに、1万円以下と1万円オーバーに分け、オススメをピックアップしてもらった。さらに実際にリスニングしてもらい、邦楽、洋楽、アニソンなど、楽曲ごとの印象や使い勝手などもチェッ...
別窓で開く

予算3000円でiPadでのオンライン学習や会議に使えるヘッドセットを探してみた
【iPadで始めるAV環境最強化計画】春からの新生活に向けて、iPadをオンライン学習やビデオ会議で活用してみたい人、子どもがGIGAスクールでオンライン授業の予定がある…という人もいるのでは。オンライン学習やビデオ会議はiPad内蔵のスピーカーとマイクでもできますが、本格的に取り組みなら専用ヘッド...
別窓で開く

カスタムイヤモニを完全ワイヤレス化!もちろん音質に全振りです!
ミュージシャンがライブなどで耳に装着している“カスタムIEM(インイヤーモニター)”は、個人の耳の形状に合うようにオーダーメイドされた、正確な音をモニタリングするためのイヤホン。そのカスタムIEMを無線化する、という発想から生まれた音質重視の完全ワイヤレスイヤホン「FoKus PRO」がNoble ...
別窓で開く

耳穴に突っ込むタイプのイヤホンが苦手な人にぴったりなインナーイヤー型完全ワイヤレス
耳穴にハメ込むカナル型のイヤホンは密閉性やホールド力が高い反面、人によっては圧迫感が気になったり、長時間着けていると耳が痛くなってしまうことも…。カナル型が苦手な人にはインナーイヤー型がオススメですが、完全ワイヤレスイヤホンのジャンルでは、まだインナーイヤー型の選択肢が限られているのも事実。...
別窓で開く

フィット感抜群のBeats新作は指先ひとつでリスニングモードが変化
日本では年明けの2022年初旬から発売予定のBeats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)の新作完全ワイヤレスイヤホン「Beats Fit Pro ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン」(価格未定)。ニョキっと生えた特徴的なウィングチップは、何千パターンもの耳の形状を元に作成され...
別窓で開く

音質、通話、ANC、使用時間、フィット感etc すべての機能が高レベル!
すっかり選択の幅が広がった完全ワイヤレスイヤホン。いまや求めたいのは、楽曲再生時のサウンド品質だけにとどまりません。モバイルのためのオーディオブランド GLIDiC(グライディック)からこの秋発売予定なのが、優れたオーディオ性能に加えて現代のビジネスシーンには欠かせない音声通話時のサウンド品質にもこ...
別窓で開く

KEFサウンドをノイキャン&完全ワイヤレスで手に入れよう!
流れる水銀のようにも、宇宙の生命体のようにも見える、コロコロっとした完全ワイヤレスイヤホンは、老舗オーディオブランド・KEF(ケーイーエフ)から登場した「Mu3」(2万6400円)。世界的なインダストリアルデザイナー、ロス・ラブグローブの手がけた曲線美の映える有機的なフォルムと、数々の高性能オーディ...
別窓で開く

藤原ヒロシの手掛けるブランドと「Powerbeats Pro」がコラボ!
「Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ/以下、Beats)」といえば、2014年にAppleファミリーの一員となったオーディオブランドです。アメリカのヒップホップ界での影響力が大きいラッパーで音楽プロデューサーのDr. DreがJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン...
別窓で開く

Beatsのニューモデルが5000円台ってハイコスパだね!
Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)と言えば、アメリカの音楽プロデューサー、ドクター・ドレーが設立した人気のイヤホンブランド。これまでも藤原ヒロシや、FENDIやsacaiなどとコラボした商品で話題を呼びました2014年以降はAppleファミリーの一員となり、商品はアップル...
別窓で開く


<前へ12次へ>