本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



またまたラドゥカヌが新コーチを招聘。トップ5の指導歴豊富なテュルスノフ氏と試験的にタッグ<SMASH>
昨年9月の全米オープンで当時18歳ながらグランドスラム初優勝を成し遂げた女子テニスのエマ・ラドゥカヌ(イギリス/現19歳/世界10位)。彼女はこの1年ほどで4人のコーチと別れを告げ、最近は暫定的にイギリス・ローンテニス協会(LTA)のサポートを受けながらツアーを転戦していた。 そんな19歳のニューヒ...
別窓で開く

『フジロック'22』尾崎裕哉、加藤登紀子、清春ら3つのステージの出演者発表
7月29日から31日にかけて新潟・苗場スキー場で開催される『FUJI ROCK FESTIVAL '22』のGypsy Avalon、PYRAMID GARDEN、DAY DREAMINGの出演者が発表された。...
別窓で開く

ジョコビッチの全米オープン欠場が濃厚!このまま行けば順位ガタ落ちでシーズン最終戦も危うい状況に<SMASH>
今年1月のオーストラリア入国問題により、4連覇がかかっていた全豪オープンの欠場を余儀なくされた男子テニス元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界3位)。  新型コロナウイルスのワクチン接種を完了していない彼は、8月末に開催される「全米オープン」(8月29日〜9月11日/アメリカ・ニューヨー...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』がついに日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授...
別窓で開く

欧米や中東で感染が拡大する「サル痘」とはどういう病気なのか
東京都医師会副会長で感染症担当、「角田外科消化器科医院」院長の角田徹氏が5月30日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。「サル痘」について解説した。...
別窓で開く

ベンチに叩きつけたラケットが子どもを直撃!全仏オープン参戦の女子選手が「ただただ謝りたい」と猛省<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全仏オープン」で発生した“ある事件”が物議を醸している。 事の発端は現地時間5月26日に行なわれた女子シングルス2回戦でのこと。世界31位のエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)と対戦した同63位のイリーナ・ベグ(ルーマニア)は第1セットをタイブ...
別窓で開く

昨年2冠のクレイチコワがコロナ陽性に。ダブルスの連覇も断たれて「タイトルを守れないのはとても残念」<SMASH>
テニス四大大会「全仏オープン」(5月22日〜6月5日/フランス・パリ/クレーコート/グランドスラム)の女子シングルス1回戦で敗退した世界ランク2位のバルボラ・クレイチコワ(チェコ)が、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。スペインのテニス専門メディア『Punto de Break』が報じ...
別窓で開く

宇軍が露T-90M(6億円)をカール・グスタフ砲1発(280万円)で破壊…「スウェーデン王に感謝」
ロシアの最新型戦車が、ウクライナ軍が撃ったロケット砲一発で爆発した。13日、ウクライナ国防省は10日(現地時間)、ツイッターアカウントを通じて20秒の映像を公開し、「ハルキウ北スタリ・サルティウ近くでロシアの戦車T−90Mを破壊した」とし「戦車産業に対するロシアの誇りは、スウェーデンのロケット砲カー...
別窓で開く

2013年の「ユーロマイダン」から激化したウクライナの内部分裂
EUとの協定締結を取りやめた当時のウクライナ、ヤヌコーヴィチ政権。それに対して抗議の声を上げる市民たち。当初は、声を上げ旗を掲げて行進する平和的なデモだった。しかし、ウクライナ政府がその対応に機動隊を投入したことで、デモは過激な活動へと発展していく。なぜ、ウクライナ情勢は沈静化しなかったのだろうか。...
別窓で開く

元世界1位のアザレンカが16歳新鋭との対戦中に説明なく途中棄権し、後に謝罪。「今日は戦うのは間違っていた」<SMASH>
現在開催中の女子テニスツアー「マイアミ・オープン」(3月22日〜4月3日/アメリカ:マイアミ/ハードコート/WTA1000)のシングルス3回戦で元世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(現世界16位)がなんの説明もなく試合を途中棄権したことについて、謝罪した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>