本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


中国のEV車市場、データから2023年の動向を分析、新勢力5社に迫るファーウェイに注目
中国のEV車産業は白熱し、高成長が続いている。IT巨頭各社が業績頭打ちの中、今や中国経済の牽引車の様相だ。各種データ分析から、その実態を解明し、2023年を展望していきたい。■EV車保有…1000万台突破国家発展改革委員会によれば、2012年、中国の新エネルギー車(EV車など)の販売台数は1万300...
別窓で開く

【深センIPO】20日は絶縁材料メーカーの浙江博菲電気など3社が公募開始
 深セン証券取引所では9月20日、メインボードで1社、創業板で2社の計3社が新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  メインボードへの上場を目指す、浙江博菲電気(001255/深セン)は2000万株を発行予定で、公募価格は19.77元。2007年設立の民営企...
別窓で開く

【中国本土IPO】19日はリチウム電池正極材料の湖北万潤新能源科技など4社が公募開始
 中国本土の株式市場では9月19日、深セン証券取引所で2社、上海証券取引所で1社、北京証券取引所で1社の計4社が新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。 深セン創業板への上場を目指すカン州逸豪新材料(301176/深セン)は4227万株を発行予定。2003年設...
別窓で開く

【上海IPO】15日は3社が公募開始、中信科移動通信技術は7億8631万株発行予定
 上海証券取引所では9月15日、メインボードへの上場を目指す上海紫燕食品(603057/上海)、科創板への上場を目指す中信科移動通信技術(688387/上海)、上海驕成超声波技術(688392/上海)の3社が新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。...
別窓で開く

BYD、8月は新エネ車生産・販売が17万台突破で年間累計台数が100万台に迫る
 中国の電気自動車(EV)大手で深セン証券取引所メインボードおよび香港証券取引所に上場しているBYD(比亜迪、002594/深セン、01211/香港)が9月2日、2022年8月の自動車生産・販売速報を発表した。生産、販売ともに7月を大きく上回り、17万台を突破した。  同社が8月に生産した自動車(す...
別窓で開く

中国自動車メーカーが日本やタイに進出、現地のEV市場で攻勢—中国メディア
2022年9月8日、中国のウェブサイト・金融界に、電気自動車(EV)の普及があまり進んでいない日本とタイで、中国ブランドが攻勢を仕掛けていることを紹介する記事が掲載された。記事は、日本自動車販売協会連合会のデータとして、今年1〜6月の日本での新エネルギー車販売台数が3万2422台と前年同期比で58....
別窓で開く

【深センIPO】精密機器部品メーカーの捷邦精密科技が7日に公募開始、1810万株発行予定
 深セン証券取引所の創業板への新規上場を目指している、捷邦精密科技(301326/深セン)が9月7日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。1810万株を発行予定で、公募価格は6日に発表する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2007年設立の民営企業で、20年に株式会社化して現社名...
別窓で開く

中国の自動車メーカー、BYD(ビーワイディー)が2023年1月から日本で乗用EVの新車販売を正式に始める予定だ。BYDでは米EVメーカー、テスラのように、日本でメジャーブランドになるのか?中国EV産業界の歴史からBYDの可能性を考察する。(ジャーナリスト 桃田健史)■日本人にはなじみの薄い中国車だが...
別窓で開く

日本の自動車メーカー各社が突然値上げ宣言—中国メディア
2022年9月4日、中国メディアの21世紀経済報道は、日本国内で複数の自動車メーカーが突然製品の値上げを発表したと報じた。記事は、日産が今月1日に、電気自動車(EV)であるリーフの価格引き上げを発表したと紹介。ウクライナ情勢の影響で車載電池の主原料であるリチウムの価格が昨年の6倍に、ニッケルの値段も...
別窓で開く

ついに日本上陸、BYDはユーザーの「中国車への不安」を乗り越えられるか 横浜での公道試乗には予約待ちの列
(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) 2023年から日本で乗用EVを発売すると発表した中国の自動車ブランドBYD(ビーワイディー)。はたしてBYDは日本のユーザーに受け入れられるだろうか? 日中の気温が30度を下回り秋の気配を感じる8月後半のある日、観光スポットとして知られる横浜赤レンガ倉庫(神奈川...
別窓で開く


[ byd ] の関連キーワード

深セン ipo