本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“革命家”ハーデンをナゲッツHCが称賛「ここ10年、NBAはジェームズがゲームに革命をもたらした」<DUNKSHOOT>
現地時間1月28日(日本時間29日、日付は以下同)に行なわれたデンバー・ナゲッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる一戦は、第4クォーター中盤に逆転したシクサーズが126−119で勝利。これで7連勝となり、チームは32勝16敗(勝率66.7%)でイースタン・カンファレンス2位につけている。...
別窓で開く

映画動員ランキング:木村拓哉&綾瀬はるか『レジェンド&バタフライ』初登場1位 東映作品がTOP3独占
最新の全国映画動員ランキングトップ10(1月27日〜29日の3日間集計、興行通信社調べ)は、木村拓哉と綾瀬はるかが織田信長とその妻・濃姫を演じる東映創立70周年記念作品『レジェンド&バタフライ』が初登場1位に輝いた。 公開初日から3日間の成績は、動員37万1000人、興行収入4億9700万円。...
別窓で開く

「ジョエルを1対1で守れる選手はいない」支配的なプレーでナゲッツを粉砕したエンビードに敵将もお手上げ「彼をガードするのはチャレンジ」<DUNKSHOOT>
現地時間1月28日(日本時間29日、日付は以下同)に行なわれたデンバー・ナゲッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる一戦は、ふたつの見どころがあった。東西強豪チームの激突、そして“最強ビッグマンはどちらなのか?”という点だ。 ナゲッツを率いるのは、直近2シーズン連続...
別窓で開く

木村拓哉主演作『レジェンド&バタフライ』首位スタート!『ONE PIECE FILM RED』は興収197億円を突破で有終の美を飾る【映画動員ランキング】
1月27日(金)、28日(土)、29(日)の全国映画動員ランキングは、木村拓哉が主演を務める歴史大作『レジェンド&バタフライ』が初登場で首位に立った。東映70周年を記念し、日本最高峰のスタッフが集結して製作された本作。戦乱の世を舞台に、敵対関係だった織田信長と濃姫が政略結婚を機に天下統一へ進んでいく...
別窓で開く

「日本での人気が急上昇した!」八村塁の電撃加入で起きた“フィーバー”を米専門メディアも驚嘆「価値はあった」
24歳の日本人の挑戦に注目が集まっている。1月23日にワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・レイカーズへトレードで加入した八村塁だ。 キャリア4年目のケンドリック・ナンと2023、28、29年のドラフト2巡目指名権を含めたトレードで、ロサンゼルス・レイカーズに加入した八村。...
別窓で開く

好勝負に水を差したレイカーズvsセルティックス戦での大誤審。渦中のレブロンは「どう見てもおかしい」と不満爆発<DUNKSHOOT>
現地時間1月28日、今季からリーグで採用された“NBAライバルウィーク”の目玉カードと言っても過言ではないロサンゼルス・レイカーズとボストン・セルティックスによる一戦が、TDガーデンで開催された。 リーグ史上最多タイとなる17度の優勝を誇る両チームの激突は、同点15度、リード...
別窓で開く

 【ソウル時事】日本の恋愛映画「今夜、世界からこの恋が消えても(略称・セカコイ)」(三木孝浩監督)の韓国での観客動員数が29日、100万人を超えた。映画輸入会社が発表した。韓国メディアによると、アニメを除く日本映画の観客数が韓国で100万人を超えるのはホラー映画の「呪怨(じゅおん)」以来、約21年ぶ...
別窓で開く

「バスケを知らないのか?」大物デュラントも参戦で大騒動に! 八村塁に対する重鎮シャックの“辛辣解説”が波紋呼ぶ【NBA】
日本バスケットボール界の“至宝”八村塁を巡って、現役スターと往年の重鎮が場外戦を繰り広げて話題を集めている。 事の発端となったのは、90年代から2000年代初頭にかけてロサンゼルス・レイカーズなどで活躍した元NBAスターのシャキール・オニールの八村に対する発言だった。...
別窓で開く

【NBA】レイカーズ加入2戦目の八村塁はショット不発で6得点。チームも宿敵セルティックスに延長の末に惜敗<DUNKSHOOT>
現地時間1月28日、ロサンゼルス・レイカーズは敵地TDガーデンでボストン・セルティックスと激突。オーバータイムにもつれた大激戦を121−125を落とし、ロード5連戦は黒星スタートとなった。 両軍の先発は、レイカーズがデニス・シュルーダー、パトリック・ベバリー、トロイ・ブラウンJr.、レブロン・ジェー...
別窓で開く

スラムダンクが大人気の韓国、意外なものが爆売れ=ネット「まるでコメディー」
2023年1月27日、韓国メディア・ソウル経済によると、日本の人気漫画「スラムダンク」の劇場版アニメ「THE FIRST SLAM DUNK」が大ヒット中の韓国で、登場人物「三井寿」の名前の由来となった日本酒が入手困難になっている。記事によると、映画人気を受けて、福岡県の酒蔵の「三井の寿」という日本...
別窓で開く