本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



あの名場面を再びスクリーンで! 『タイタニック』3Dリマスター版公開決定
『タイタニック』劇場公開25周年を記念して、2月10日(金)より『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』が公開されることが決定。この公開を受け、特別予告映像が解禁となった。本作は1997年に公開され、アカデミー賞11部門を受賞したレオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット...
別窓で開く

映画『タイタニック』3Dリマスター版を劇場上映、あの名場面も美しくよみがえる
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが船首に立って両腕を広げる誰もが知るあの名シーンが、より美しく、3Dになって生まれ変わる。アカデミー賞作品賞を含む歴代最多タイとなる11部門受賞という偉業を成し遂げ社会現象を巻き起こした映画『タイタニック』が、1997年の公開から25周年を迎えることを...
別窓で開く

映画界は今後“アバターの10年”に 『アバター:WoW』、「トップガン」を超えて2022年公開作で全世界No.1興収 プレミアラージフォーマットも高稼動
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』©︎2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.巨匠ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注いだシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が全世界興行収入15億1,655万ドル(...
別窓で開く

『アバター』最新作、世界同時公開から3週間で『トップガン マーヴェリック』超え
公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、年末年始にさらなる盛り上がりを見せ、『トップガン マーヴェリック』を超え、2022年の全世界興行収入ランキングで1位に躍り出た。昨年12月16日に世界同時公開されてから3週間で、全世界興行収入15億1655万ドル(日本円で約2033億円、1ドル1...
別窓で開く

『アバター:WoW』2022年公開作品で世界興収No.1に 全世界歴代興収は10位に浮上
2022年12月16日に公開された『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、『トップガン マーヴェリック』を抜き、2022年に公開された作品で全世界興行収入No.1を記録したことがわかった。 本作は、全世界歴代興行収入第1位に輝くジェームズ・キャメロン監督の超大作『アバター』(2009)から13年を...
別窓で開く

ジェームズ・キャメロン、『アバター』最新作は「絶対劇場で観て!」 最も推奨する劇場環境も明かす
革命的な映像世界で映画ファンを驚愕させたSF超大作『アバター』から13年。満を持して製作されたシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』のプロモーションで来日を果たしたジェームズ・キャメロン監督が、長年にわたる本シリーズへの思いとともに、「この作品は大スクリーンで観ることを想定した力作、絶...
別窓で開く

ジェームズ・キャメロン監督が語る『アバター』最新作 にこめた未来への警鐘、若い世代へのメッセージ
社会現象を巻き起こした『アバター』(2009)の続編にあたるファン待望の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 がついに日本上陸。プロモーションツアーの一環として、10年8カ月ぶりの来日を果たしたジェームズ・キャメロン監督が取材に応じ、本作にこめたメッセージや“おすすめ”の鑑賞法、さらに現在の映画界...
別窓で開く

『アバターWoW』ジェームズ・ キャメロン監督に"マブダチ"の週プレライターが独占インタビュー!
「12月は俺にとって縁起がいい月なんだ。『タイタニック』も『アバター』もこの月に公開したからな」と語るキャメロン監督12月10日、『アバター』シリーズの新作を引っ提げ、巨匠ジェームズ・キャメロン監督が10年ぶりに来日を果たした! しかし、その約2ヵ月前、誰よりも早く監督に直撃インタビューを実施した日...
別窓で開く

笠井アナが熱弁! コロナ禍で奮闘する映画業界、今こそ“Go To 映画館”
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。10月9日(金)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、フリーアナウンサーの笠井信輔さんが“コロナ禍の映画業界”について述べました。...
別窓で開く


<前へ1次へ>