本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あまりに健康的な焼肉空弁」羽田空港で発売へ 見た目はどう見ても“ハラミ”だが…何が違う?
見た目は「どう見てもチートデイメシ」ですが…。大豆ミートを使用 JALUXグループの日本エアポートデリカが2022年12月9日より、羽田空港で次世代の空弁「NEXTハラミ重」を発売します。このお弁当の「ハラミ」は“ホンモノの牛肉のハラミ”ではありません。 この空弁では、甘辛いタレで味付けされた代替肉...
別窓で開く

“世界でも最も荒れる海域”ドレーク海峡の現実が実感できる動画
船で南極に行く際、避けて通れないのが“世界でも最も荒れる海域”ドレーク海峡です。“世界でも最も荒れる海域”の現実が実感できる動画がTikTokでいくつか公開されています。...
別窓で開く

「馬車馬のように働く奴を高く評価しろ」、なぜこんな会社がなくならないのか タイパ重視の就職先選びがブラック企業の駆逐につながる
就職・転職情報会社の学情が「就職人気企業ランキング」(対象は2024年卒の学生)を発表し、伊藤忠商事が5年連続でトップになった。根強い人気を誇る大手総合商社の中でも特に業績が好調だが、学生の支持を集めているのはそれだけが理由ではないだろう。「20時以降の残業の原則禁止」など働きやすさを目指した各種の...
別窓で開く

逃走中の容疑者確保に一役買った牛の群れがイギリスで話題
イギリスの国家警察航空隊(National Police Air Service、NPAS)が、犯罪現場から逃走中の容疑者を追い払う牛の群れの映像を公開しています。...
別窓で開く

高畑淳子「舞いあがれ!」セリフ生披露に感極まり「いろいろな人の心に響いたんだな」感謝伝える
高畑淳子(68)が7日、都内で開かれた「ゆうもあ大賞」表彰式で、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月〜土曜午後8時)で演じた主人公の祖母のセリフを生披露し、感極まった。女優業を「自分の言葉じゃない、脚本家がひねり出した言葉を、いけしゃあしゃあと言う職業」と評し「私は、これ(セリフ)が言えたことが...
別窓で開く

やり投げ北口榛花、ゆうもあ大賞で金の耳かきもらい「先に金もらって大丈夫?」
陸上女子やり投げで7月の世界選手権銅メダルの北口榛花(はるか、24=JAL)が7日、都内で行われた 令和4年度「ゆうもあ大賞」表彰式で同賞を受賞した。彫刻・陶芸・画家の滝錬太郎のトロフィーとともに金の耳かきを贈られ「今回は、スポーツ界を飛び出して、このような賞を頂けて光栄です。...
別窓で開く

石原良純「雷がダーンッと落ち、家が揺れた」父慎太郎さんと過ごした2年余りのエピソード語る
石原良純(60)が7日、都内で行われた 令和4年度「ゆうもあ大賞」表彰式で同賞を受賞した。その壇上で、2月に亡くなった父慎太郎さんとともに過ごした、ここ2年のエピソードを披露した。良純は「今年は、個人的な話ですが、2月にうちの父が亡くなりまして。あのような父だったんですけど、ここ2年、伏せている時に...
別窓で開く

「ジャンボ・ジェット」半世紀の歴史に幕 「ボーイング747」最後の1機が完成 この後どうなるのか?
ついにこの時が…!最終号機はアトラス航空向け「N863GT」 1969年の初飛行以来、「ジャンボ・ジェット」の愛称で半世紀以上にもわたり製造され続けたボーイング747シリーズの歴史が幕を閉じました。シリーズ最終号機が完成したのです。日本時間2022年12月7日、来日した同社の民間航空機部門 マーケテ...
別窓で開く

JAL太っ腹!! 上田まりえの呼び掛けに「全面的に協力」ビジネスクラスでNY行きのチケット贈る
 元巨人エースで、メジャーでも活躍した上原浩治氏(47)のYouTubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」が6日までに更新され、進行役を務める元日本テレビアナウンサーでタレントの上田まりえ(35)が日本航空(JAL)の粋な計らいに大喜びした。 以前、動画内で「もうすぐ55万人達成!松井秀喜さん登場へ」と...
別窓で開く

「ウッディ」と「スティッチ」、旅客機として“無限の彼方へ”! JAL新「ディズニー」塗装機がデビュー
JALディズニー塗装機の「新キャラ」の存在感、かなりあります。「JAL ドリームエクスプレス」シリーズとしては12機目 JAL(日本航空)で長い歴史を持つ、ディズニーキャラクターの特別塗装機。その最新特別機となる「JAL DREAM EXPRESS Disney100」が2022年12月6日の午後1...
別窓で開く