本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スマートフォンの存在は、何かに集中しなくてはならないとき、どんな影響を与えるのか。明治大学教授の堀田秀吾さんは「最新の研究によると、スマホがそばにあるだけで、注意力が散漫になり、生産性を下げてしまうことがわかっている。集中したいときは、スマホを手に取れないところに置いたり、見えないところにしまってお...
別窓で開く

妻が複数の男性と“婚外交渉”、そのうちの1人は親友で…悩めるエリート哲学者が娘に語った嘆きの一言「この結婚の問題は…」
 倫理学者の児玉聡さんによれば、「20世紀のオックスフォードの哲学者は英国のコメディでも取り上げられるほど奇行が多かった」という。哲学者たちの多種多様な人生とその思想は密接に結びついている。 ここでは、児玉さんによる「Webあかし」の連載を書籍化した『 オックスフォード哲学者奇行 』(明石書店)から...
別窓で開く

世界で約40例 柔らかく骨がない“本物の尻尾”を持って誕生した女児(メキシコ)
医学雑誌に今年1月、臀部に“本物の尻尾”を持って誕生した女児の症例が掲載され、今月に入って英メディアが伝えて注目を浴びている。女児はメキシコで誕生し、尻尾はすでに切除され合併症もないという。小児外科を特集した医学雑誌『Journal of Pediatric Surgery Case Reports...
別窓で開く

自分が人にどう見られているか気にしすぎる「自意識過剰」と、他人の幸せのことを考えている人は、どちらが幸福を感じやすいのか。明治大学教授の堀田秀吾さんは「最新の研究では、どうせ考えるなら、他人のことを考えている人の方が幸福度が高いという報告がある。また、人に毎日親切にするよりもまとめて親切にする方が、...
別窓で開く

会議で言いたいことがあっても「もし反応がなかったら」と思うとなかなか発言できないときにはどうしたいいのか。明治大学教授の堀田秀吾さんは「人間の行動に関する最新の研究結果を活用することで、こうした場合への対策ができる」という——。(第1回/全3回)※本稿は、堀田秀吾『最新研究でわかった“他人の目”を気...
別窓で開く

ブルース・リー 死因に「水の飲み過ぎ」の可能性が浮上
1973年7月、ブルース・リーは32歳の若さでこの世を去った。検視結果による死因は鎮痛剤の服用による脳の浮腫とされていたが、当時からドラッグのオーバードーズ説や暗殺説など、様々な憶測が飛び交っていた。死因究明のための裁判まで開かれたが、判決は「死因不明」。それから約半世紀経ち、新たな死因の可能性が提...
別窓で開く

70歳女、隣人男性にキスを迫りふられた翌日銃で撃つ 殺人未遂で終身刑判決
恋をすると、夢中になってしまう「恋愛体質」な人は少なくないだろう。海外には、恋心が暴走して、とんでもない事件を起こしてしまった人がいる。 アメリカ・フロリダ州のアパートで、同じアパートに住む隣人男性を銃で撃って殺害しようとしたとして起訴されていた女の事件で、裁判所が女に終身刑を言い渡した。...
別窓で開く

NHKキャスターのとんでもない“路上不倫”  元職員N国立花氏も内情暴露?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】
NHK党の立花孝志党首が10日、ツイッターに投稿。NHKの前田晃伸会長が同日の会見で、10月29日にニュースサイト『文春オンライン』が報じた同局・阿部渉アナウンサーの局内不倫に関して、「私どもが調べている限りでは職務規定に違反した事実はない」とした件について、「警察には不倫してはいけないという職務規...
別窓で開く

わが子を通わせるなら男女別学がいいのか共学がいいのか。拓殖大学准教授の佐藤一磨さんは「別学の方が成績が上がるだけでなく、問題行動も減少するということがわかっています」という——。■別学と共学を客観的に分析した研究筆者は大学生の時、個別指導塾でアルバイトをしていたのですが、その際、教え子の男の子に「男...
別窓で開く

日本を破滅させかねない経団連の「WEB3」戦略 国が手を出した業界から崩壊が進む構造とはこのこと
 ある病気に罹りやすい体質になってしまうと、そこから抜け出すのは容易ではありません。 本格的にマズいなと思わざるを得ない発表を目にしました。2022年11月15日の日付をもって公開された日本経済団体連合会の「web3推進戦略」(https://www.keidanren.or.jp/policy/2...
別窓で開く


[ journal ] の関連キーワード

ブルース メキシコ nhk 経団連