本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



JRA重賞『アメリカJCC』(GⅡ)「週刊実話」競馬班 超本気データ攻略
(C)JRA昨年は3、11、4番人気という結果で3連単72万馬券。それも含めて、過去10年で10万円以上が4回飛び出している一方で、3万円台以下が6回。荒れるか堅いか、そんなレースだ。厳寒期で少頭数になることも多いが、11頭立てだった19年でも7番人気のシャケトラが勝ち3連単12万馬券と高配当は出て...
別窓で開く

JRA攻略1/22『WIN5大作戦』〜投資“ざっくり3万円”で目指せ1000万円!!〜
(C)JRA〜1月22日のWIN5対象レース〜①中京10R長篠Sカワキタレブリールージュスティリア 2頭ここは昇級組の2頭で。カワキタレブリーは、NHKマイルC3着、デイリー杯2歳S3着など、重賞でも好走していた実力馬。近3走は⑤②①着と勢いもある。ルージュスティリアは、ここまで5戦3勝。敗れた2戦...
別窓で開く

JRA重賞『アメリカJCC』(GⅡ)美人競馬研究家・山崎エリカの「負けない馬券」
山崎エリカ (C)週刊実話Web今週から読者の皆様の馬券的中のお手伝いをしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。《馬場傾向》中山2連続開催、Cコース8日目で時計は掛かるが、良馬場ならば内からでも十分通用している。しかし、不良馬場になると一転して外からの差し込みが決まっているので要注意...
別窓で開く

JRA重賞『日経新春杯』(GⅡ)「週刊実話」競馬班 超本気データ攻略
(C)JRA京都競馬場の改修工事のため、3年連続で中京競馬場で行われるこのレース。厳寒期で多くのトップホースたちは休養中だが、それだけに混戦模様となりがちで、さらにハンデ戦。馬券的には面白い一戦だ。京都開催時も含めた過去10年、1番人気は【3・4・0・3】とまずまず期待に応えており、連対率7割。...
別窓で開く

【エリザベス女王杯】三冠牝馬を”切る”という決断もあり!? 11年ぶり参戦の外国馬は日本特有の『高速馬場』克服が勝敗のカギ
秋の牝馬中長距離路線の頂点を決めるエリザベス女王杯(GⅠ、阪神・芝2200m)が11月13日に行なわれる。今年は久々に外国馬も参戦し、馬券の人気も割れが予想されている。その勢力地図を見ていこう。 やはり、最初に触れるべきなのは一昨年の三冠牝馬、デアリングタクト(牝5歳/栗東・杉山晴紀厩舎)に対する評...
別窓で開く

【名馬列伝】“鬼才”田原成貴とマヤノトップガンが織り成した2つの伝説! 三冠馬とのマッチレースと三強対決<後編>
古馬になったマヤノトップガンには、二つのレジェンダリーなレースがあった。 それは4歳初戦の阪神大賞典(GⅡ、阪神・芝3000m)と、結果的に現役最後のレースとなった5歳時の天皇賞・春(GⅠ、京都・芝3200m)である。 3歳にしてJRA賞の年度代表馬に輝いたマヤノトップガンは冬季を休養に充て、199...
別窓で開く


<前へ1次へ>